コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞窟葬 どうくつそうcave burial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞窟葬
どうくつそう
cave burial

遺体を処理する葬法の一形態で,洞窟遺体を安置する。北部ルソンのイフガオ族では,首狩りによる死者を敵の村が見渡せる山中の洞窟に,敵の村に面するように葬る。奄美大島では,集落を離れた山間や海岸の洞窟に死者を葬る。また墓穴の壁にくぼみをつくり,その中に遺体を納める壁龕葬 (へきがんそう) がマレー半島セマン族アメリカインディアンオーストラリア先住民などにみられるが,これも洞窟葬と密接な関係があるものとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞窟葬
どうくつそう

死者を洞窟内に葬る葬法。ヨーロッパの中期旧石器時代にはすでに行われていた。この時代には、生きている人々も洞窟で生活を営んでいたが、死者が出ると、それまで住んでいた洞窟を死者にゆだねて、生者は別の洞窟に移り住んだらしい。古代エジプトでも洞窟葬が行われていた。東南アジア地域では、ルソン島、ボルネオ島、セレベス島および東部インドネシアの島々、中国南西部のケラオ族などが洞窟葬を行うことがあるが、複葬の最後の段階であることが多い。また、人工の洞窟、壁龕(へきがん)に死体を納める形式は、アフリカに多く、オーストラリアでも行われている。日本では、自然の洞窟を利用して埋葬した例もわずかにあり、弥生(やよい)時代後期から古墳時代にかけての事例がみられるが、これは複葬の一段階であったと考えられる。また、奄美(あまみ)や沖縄の島々でも最近まで洞窟に人を葬っていた。これも、多くは複葬の一部であった。[清水 純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洞窟葬の関連キーワードマカッサル族土葬風葬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android