コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津島祭 ツシママツリ

3件 の用語解説(津島祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つしま‐まつり【津島祭】

津島神社の祭礼。陰暦6月14、15日(現在は7月の第4土・日曜日)に行われる。神輿(みこし)をのせ、500個ほどの提灯(ちょうちん)をともした5隻のだんじり船が笛に合わせて対岸のお旅所にもうでるほか、種々の神事がある。津島川祭。天王祭。 夏》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つしままつり【津島祭】

愛知県の津島神社の夏の大祭。津島神社牛頭天王(ごずてんのう)を祭神とし疫病よけの神として著名で,京都の八坂神社,兵庫の広峰神社とともに天王信仰の中心地として,各地の夏祭に大きな影響を与えた。津島祭は天王川祭,天王祭とも称され,もとは旧暦6月14,15日に行われた。現在は,7月第4土曜日の宵祭に多くの提灯を飾った巻藁船5艘が津島楽を奏しながら天王川(天王池)を渡御する。翌日の朝祭には能人形を飾った6艘の車楽船(だんじりぶね)が再び川を渡御する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つしままつり【津島祭】

津島神社の夏祭り。陰暦6月14、15日(現在は7月の第四土曜日とその翌日)に行われ、船渡御とぎよや葭よしに穢けがれをうつして流す祓はらえの神事などがある。津島川祭。天王祭。天王川祭。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津島祭の関連情報