コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名所図会 めいしょずえ

6件 の用語解説(名所図会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名所図会
めいしょずえ

江戸時代後期,旅行者ないし好事家のために刊行された一連の絵図入り通俗地誌兼名所案内書。いわゆる旅行記,道中記,旅行案内が袖珍本なのに対して,名所図会は成書として,一国一地方を主とするもの,街道中心のもの,庭園,山水に関するもの,信仰関係のもの,歳時記風のものなど多種類にわたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めいしょ‐ずえ〔‐ヅヱ〕【名所図会】

江戸後期に盛んに刊行された、各地の名所旧跡・神社仏閣などの由来や物産などを書き記した絵入りの名所地誌。安永9年(1780)の秋里籬島(あきさとりとう)編の「都名所図会」に始まり、特に「江戸名所図会」は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

名所図会【めいしょずえ】

江戸中〜後期に作られた通俗地誌の総称で,各地の名所旧跡の由来,物産等をさし絵入りで記したもの。1780年刊の秋里籬島(あきざとりとう)編《都名所図会》6巻に始まり京坂を中心に流行,《都林泉図会》《摂津名所図会》等が作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいしょずえ【名所図会】

江戸中期から後期にかけて刊行された通俗地誌の総称。もっとも江戸時代の初期にも,かなり多くの挿絵入りの通俗的な地誌が作られているが,それらは現在〈古版地誌〉の名で呼ばれる。いわゆる〈名所図会〉としては,まず1780年(安永9)に京都の町人吉野屋為八が計画・刊行した俳諧師秋里籬島編集,竹原春朝斎画の《都名所図会》6巻がある。これは〈古版地誌〉よりはその挿絵に重きを置き,実際の写生による鳥瞰図風の密画を多数入れ,本文よりはむしろ絵を主体として見て楽しむという点に特色を出すとともに,本文も通俗を旨としながら浮華に流れず,詩歌俳句の類を多く付載して興味深いものとしたため,世に好評をもって迎えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいしょずえ【名所図会】

江戸後期に刊行された、各地の名所・街道・寺社などの来歴・伝説・名物などを絵入りで説明した通俗地誌。1780年(安永9)の「都名所図会」が最も古く「江戸名所図会」など多数刊行された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名所図会
めいしょずえ

名所案内記(名所地誌)の一形式。1780年(安永9)の秋里籬島(あきさとりとう)編の『都(みやこ)名所図会』から始まり、1902年(明治35)の『本派本願寺名所図会』まで続いているが、盛んに刊行されたのは、『江戸名所図会』(1834~36)を除けば、文政(ぶんせい)年間(1818~30)までである。絵入りの名所案内記は、1658年(明暦4)の『京童(きょうわらべ)』(中川喜雲(きうん)著)や1666年(寛文6)の『江戸名所記』(伝浅井了意(りょうい)著)などをはじめとして、それまで数多く成立していたが、「名所図会」の画(え)(絵)は、名所の景観を写しながら、神社仏閣の祭典・法要、民間の祭礼や年中行事など、四季折々の風俗を精密に描き出し、さらに和歌、俳句、その他を画中に書き込んで、画を見るだけで名所の旅を続ける楽しさを沸き立たせるようになっていた。秋里籬島が、なぜ、京都の名所記に初めて『都名所図会』と命名したのかは明らかでないが、寺島良安(りょうあん)編の『和漢(わかん)三才図会』は、すでに1712年(正徳2)に刊行されていた。図会は、特殊な画を集め合わせたものを意味しており、この絵入り百科事典である『和漢三才図会』に籬島もあやかって、「名所図会」としたのであろう。籬島は、都のほか、都拾遺(しゅうい)、都林泉(りんせん)、大和(やまと)、河内(かわち)、和泉(いずみ)、摂津、東海道、木曽(きそ)路、須磨明石(すまあかし)、伊勢(いせ)路、播州(ばんしゅう)、近江(おうみ)など、十数種の「名所図会」を執筆したが、暁鐘成(あかつきかねなり)、蔀関月(しとみかんげつ)らも筆者として著名であった。「名所図会」の総数は、明治のものまで入れて実に60種余りに及び、関東から九州にわたった。なかでも、近畿、東海道、関東のものが多い。18世紀の中ごろから19世紀にかけての日本人の旺盛(おうせい)な知識欲と、物見遊山(ものみゆさん)を兼ねた名所巡りの盛況を表しているといえよう。[水江漣子]
『『日本図会全集』全14巻(1975・名著普及会) ▽『日本名所風俗図会』18巻・別巻二(1979・角川書店) ▽『日本名山図会』(和本)三巻(1979・芸艸堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名所図会の関連キーワード染色分体通俗教育鐚銭襟白粉前太平記伯庵奴島田御所解模様影丸(1)白藤源太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名所図会の関連情報