コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広峰神社 ひろみねじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

広峰神社【ひろみねじんじゃ】

兵庫県姫路(ひめじ)市に鎮座。旧県社。主祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)。広峰牛頭天王(ごずてんのう)社・武塔(ぶとう)天神などといわれた。奈良時代吉備真備(きびのまきび)が帰朝後当地に異神(牛頭天王)を見て創基したという。
→関連項目天王信仰

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひろみねじんじゃ【広峰神社】

兵庫県姫路市北部の広峰山上に鎮座する。素盞嗚(すさのお)尊,五十猛(いそたける)命を主祭神とし,もと広峰牛頭天王(ごずてんのう)社といわれた。《日本三代実録》貞観8年(866)7月条に,〈播磨国無位速素戔烏神。速風武雄神,並びに従五位下を授く〉とあるのが,広峰社の史料上の初見とされる。平安時代御霊信仰疫神祭が盛んになる中で,スサノオと習合した牛頭天王が広峰山にまつられたが,これが京都の八坂に移されて祇園社(八坂神社)となったといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

広峰神社の関連キーワード津島祭広峯氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広峰神社の関連情報