コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津村信夫 つむら のぶお

2件 の用語解説(津村信夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津村信夫 つむら-のぶお

1909-1944 昭和時代前期の詩人。
明治42年1月5日生まれ。津村秀夫の弟。室生犀星(むろう-さいせい)に師事。昭和9年第2次「四季」創刊に参加。「愛する神の歌」「父のゐる庭」「或る遍歴から」などを発表。また随筆集「戸隠の絵本」を刊行した。昭和19年6月27日死去。36歳。兵庫県出身。慶大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津村信夫
つむらのぶお
(1909―1944)

詩人。神戸市生まれ。慶応大学経済学部卒業。白鳥省吾(しろとりせいご)の『地上楽園』に参加、ついで室生犀星(むろうさいせい)に師事、また丸山薫に兄事した。北欧的詩情への憧憬(しょうけい)から出発したが、しだいに質朴な生活を志向し、さらに身辺に取材する平明な叙情へと展開した。『四季』の有力詩人の1人であるが、軽井沢を離れ信州戸隠(とがくし)の風土を愛したところにその独自性を示した。詩集『愛する神の歌』(1935)、『父のゐる庭』(1942)、『或(あ)る遍歴から』のほかに、散文集『戸隠の絵本』(1940)などがある。アジソン病で早逝。兄秀夫(1907―85)は映画評論家。[飛高隆夫]
『『津村信夫全集』全三巻(1974・角川書店) ▽室生犀星著『我が愛する詩人の伝記』(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の津村信夫の言及

【四季】より

…第2次は堀辰雄,三好達治,丸山薫の共同編集で出発,四季社刊,34年10月~44年6月,全81冊の月刊誌。とくに注目されるのは第2次《四季》で,共同編集者のほか,津村信夫と立原道造が参加して昭和10年代抒情詩の一方向を定めた。のち萩原朔太郎,室生犀星のほか,中原中也,竹中郁,神保光太郎,伊東静雄などの詩人,あるいは桑原武夫,河盛好蔵,大山定一,保田与重郎,芳賀檀なども参加して総合文化誌的側面もあった。…

※「津村信夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

津村信夫の関連キーワードカリブ文学もの派スバルレオポルド2世超変成作用岸沢式佐軍艦小事典沖縄戦直木賞父の日

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone