コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽海峡線 つがるかいきょうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽海峡線
つがるかいきょうせん

津軽海峡を海底鉄道トンネル (5万 3850m) で渡り,本州と北海道を結ぶ鉄道。津軽半島の中小国から渡島半島の木古内間 87.8km。 JR北海道。青森からは津軽線江差線と結んで函館までの特急,快速の電車が走る。 1988年開通。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つがるかいきょう‐せん〔つがるカイケフ‐〕【津軽海峡線】

青森から函館に至るJR線の通称。本州と北海道を結ぶ青函トンネルの開通により昭和63年(1988)開業。函館本線・江差線・海峡線津軽線にわたり運行される。全長160.4キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

津軽海峡線

JR東日本、JR北海道が運行する鉄道路線の愛称。青森県青森市の青森駅から北海道函館市の函館駅を結ぶ。津軽線の一部、海峡線、江差線の一部をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

津軽海峡線の関連キーワード青森県東津軽郡今別町北海道旅客鉄道[株]東日本旅客鉄道[株]北海道上磯郡木古内町日本貨物鉄道[株]北海道上磯郡知内町奥津軽いまべつ駅竜飛海底[駅]ブラキストン線外ヶ浜(町)湯の里4遺跡福島(町)青函連絡船JR東日本青森(市)知内(町)青函航路木古内町青森県青森市

津軽海峡線の関連情報