渡島半島(読み)おしまはんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)「渡島半島」の解説

渡島半島
おしまはんとう

北海道南西部にある半島。寿都(すっつ)町と長万部(おしゃまんべ)町を結ぶ黒松内低地帯(くろまつないていちたい)以南の地域で、南部津軽海峡に突き出た部分は東側の亀田半島(かめだ)、西側の松前半島に分かれる。東は内浦湾、西は日本海に面する。奥羽山脈の延長部で古生層を基盤とし、その上に緑色凝灰岩の福山層に始まる新第三紀層がのる。黒松内低地帯の東部は火山活動が激しかった所でニセコアンヌプリ、羊蹄山(ようていざん)、駒ヶ岳(こまがたけ)、恵山(えさん)などの火山が多い。半島の大部分渡島山地で構成され、平地に乏しく、大野川流域の函館平野(はこだてへいや)のほか、厚沢部(あっさぶ)川、後志利別(しりべしとしべつ)川などの河谷沿いに小平野や小盆地が開ける。函館平野の北斗(ほくと)市文月(ふみづき)は道内の稲作発祥の地であるが、現在農業の顕著な発展はみられない。日本海沿岸は江戸時代からニシン漁で栄えた地であるが、現在水産業は不振である。松前藩を中心に道内ではもっとも早く開けた地で、松前町、江差(えさし)町などには史跡が多い。

[瀬川秀良]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「渡島半島」の解説

渡島半島
おしまはんとう

北海道南西部の半島。石狩平野勇払平野以西をさすが,寿都-長万部地溝帯より南の地域をいう場合もある。標高 1000m以下のなだらかな山地が大部分を占め,南端函館平野がある。半島の南東端部を亀田半島,南西端部を松前半島と呼ぶ。主峰遊楽部岳 (1277m) のほか大千軒岳 (1072m) ,北部には狩場山 (1520m) ,南東部には駒ヶ岳 (1131m) や恵山 (618m) などの火山がある。景勝地が多く,大沼国定公園のほか恵山道立自然公園松前矢越道立自然公園檜山道立自然公園狩場茂津多道立自然公園があり,五稜郭跡,松前城跡などの史跡も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「渡島半島」の解説

渡島半島【おしまはんとう】

北海道南西部,寿都(すっつ)〜長万部(おしゃまんべ)地溝帯から南部をさし,道南とも呼ばれ,渡島檜山両地域を含む。山がちで平地は少なく,気候は東北地方に類似。松前を中心として道内で最も早くから開け,1870年代に稲作が導入され,現在リンゴオウトウ等の果樹栽培,沿岸漁業が盛ん。南は津軽海峡に面し,北海道の玄関函館市がある。
→関連項目アイヌ胆振国内浦湾恵山大沼国定公園奥尻島渡島国駒ヶ岳(北海道)北海道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「渡島半島」の解説

おしま‐はんとう をしまハンタウ【渡島半島】

北海道南西部の半島。北東部は内浦湾に、南部は津軽海峡に、西部は日本海に臨む。米、リンゴなどが栽培され、太平洋岸はコンブ漁がさかん。南部のが岳周辺は大沼国定公園に指定されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「渡島半島」の解説

おしま‐はんとう〔をしまハンタウ〕【渡島半島】

北海道南西部の半島。南部はさらに東の亀田半島と西の松前半島に分かれる。道内で最も早く開発され、江戸時代からニシン漁場として栄え、北斗市は道内の稲作の発祥地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「渡島半島」の解説

おしまはんとう【渡島半島】

北海道南西部の半島で,南部は東側の亀田半島,西側の松前半島に分かれる。東側は内浦湾,西側は日本海に面し,南側は津軽海峡を隔てて本州と相対する。一般的には地形的にまとまった黒松内‐寿都(すつつ)低地帯以南の突出部で,渡島,檜山2支庁からなる道南と呼ばれる範囲を指すが,ここでは地質学的に違いの見られる石狩地溝帯以南の,石狩,胆振(いぶり)支庁の一部と後志(しりべし),渡島,檜山支庁全域について述べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android