コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ藻 ながれも

大辞林 第三版の解説

ながれも【流れ藻】

春から夏にかけて岩に着生していたホンダワラが、岩からはなれて浮いてかたまりとなって海の上を漂っている状態。中に稚魚などがすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながれ‐も【流れ藻】

海面付近に浮かんで漂流する海藻海草。日本周辺ではホンダワラ類が多く、海流に乗って移動し、魚類の産卵場や稚魚の隠れ場所としても利用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ながれも【流れ藻 floating seaweed】

藻場を形成するような海草・藻類がいろいろな原因で成育基盤を離れ,これらが寄り集まって漂流することがある。この集りを流れ藻という。海藻の種類によって漂流後の寿命が異なり,内湾のアマモなどは多く短期間で消失してしまう。したがって,流れ藻の構成種はそう多くない。ホンダワラ類は2~3ヵ月生き続け,量的にも多く,広い海域に出現する。サルガッソー海(藻海)は海面を流れ藻が埋めつくしている特殊な水域だが,この構成種はもともとはヨーロッパやアフリカの沿岸で着生生活を送るホンダワラの種類が,海面での浮遊生活でも生活史を全うできるようになった変種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流れ藻
ながれも

海面を漂流する海藻のことで、その大部分はホンダワラ類である。海岸に生育していた海藻が強い波に引きちぎられ、潮目に集まって塊となったもので、ずっと成長を続けながら海流にのって移動する。流れ藻には、藻場と同じく小動物や魚類が集まり、生物社会を構成する。トビウオサンマサヨリなどは流れ藻を利用して産卵する。養殖魚類のなかでもっとも生産量の大きいハマチは、流れ藻の下のモジャコとよぶ天然稚魚をとって養殖するもので、流れ藻の量、移動はこの漁業に大きく影響する。[奥田武男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

流れ藻の関連キーワードナンヨウサヨリヒラハコケムシキツネメバルイシガキダイハマトビウオエボシガイトゲヨウジツバメウオウスメバルハナオコゼ庄野潤三イスズミカンパチカワハギイシダイマツダイヒラムシヒラマサヘラムシツムブリ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android