コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外新聞 かいがいしんぶん

6件 の用語解説(海外新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海外新聞
かいがいしんぶん

浜田彦蔵が元治1 (1864) 年6月に創刊した「翻訳新聞」 (創刊時については異説がある) 。アメリカから帰国して横浜で領事館付き通訳をしていた浜田が,イギリス船入港のたびに得た外国新聞を訳して,月2回木版で 100部程度印刷した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいがい‐しんぶん〔カイグワイ‐〕【海外新聞】

幕末に横浜で発行された、海外のニュースを中心とした新聞のこと。「官板(かんばん)海外新聞」「海外新聞」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海外新聞【かいがいしんぶん】

浜田彦蔵岸田吟香らの協力を得て発行した新聞。英字新聞の必要記事を訳出出版した。1864年創刊時は手書きで《新聞誌》の表題,1865年5月から木版印刷で《海外新聞》,翌年9月終刊までに24号を発行したとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいがいしんぶん【海外新聞】

1864年(元治1)6月に浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコJoseph Heco)が岸田吟香らの協力で発行した新聞。当初は手書きで《新聞誌》と題されていたが,65年(慶応1)5月から木版印刷の《海外新聞》となった。いずれも和とじの書籍スタイルで,自伝によれば月数回刊,発行部数は100部程度,多くは無料で頒布され,66年10月ごろまで続いたという。浜田はアメリカ領事館付通訳のかたわら,海外事情啓蒙の目的でこの新聞を発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいがいしんぶん【海外新聞】

浜田彦蔵が、民間で最初に発行した邦字新聞。海外の事情を翻訳紹介した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海外新聞
かいがいしんぶん

同名の新聞が数種あるが、もっとも有名なのは、播磨(はりま)国(兵庫県)の漂流民(アメリカ国籍)ジョセフ・ヒコ(浜田彦蔵(ひこぞう))が横浜で発行していた日本初の民間邦字紙である。創刊は1864年(元治1)説と65年(慶応1)説があるが、現存するのは、65年3月13日入港のイギリス船のもたらした新聞を訳出した第1号から、翌年8月25日の入船による第24号までで、内容は各国事情の翻訳紹介である。ほかに1862年(文久2)8、9月に江戸で発行された『官板(かんぱん)海外新聞』と、70年(明治3)7月20日から翌年8月1日(51号)まで東京で発行された『官版海外新聞』がある。前者は『官板バタビヤ新聞』の後身、後者は箕作麟祥(みつくりりんしょう)らが外字紙を翻訳して発行したもので普仏戦争の記事を満載している。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海外新聞の言及

【官板バタヒヤ新聞】より

…1862年(文久2)1月,幕府は御用書肆であった本所竪川三之橋の老皀(ろうそう)館に,これを《官板バタヒヤ新聞》と題して出版させた。同年2月には2冊目が,8月と9月には《官板海外新聞》と改題して3冊目および4冊目が出版された。内容はそれぞれ《ヤファンシェ・クーラント》の国別情報欄の抄訳で《バタヒヤ新聞》は1861年の8~11月分を,《海外新聞》は62年の1月分を原本とし,翻訳はいずれも蕃書調所を改称した洋書調所が担当した。…

【岸田吟香】より

…同年辞書印刷のため上海に渡航。同じころ,アメリカ帰りの浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコ)に啓発されて新聞に興味をもち,浜田の《海外新聞》発行に協力した。67年(慶応3)回船商社を設立,汽船を購入して江戸~横浜間の運送に従事。…

【居留地新聞】より

…居留地外国人が発行した日本語新聞は,このような状況に促されて出現したのである。これには,1864年(元治1)浜田彦蔵(アメリカ籍)が創刊した《海外新聞》をはじめとして,67年(慶応3)の《万国新聞紙》《倫敦新聞紙》,68年(明治1)の《各国新聞紙》《横浜新報もしほ草》,72年の《日新真事誌》などが知られている。いずれも英語に堪能な日本人協力者を得て発行されていた。…

※「海外新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海外新聞の関連キーワードアメリカ彦蔵浜田彦蔵元治ジョセフ・ヒコ田彦岩吉(2)ジョセフ=ヒコ仙太郎近松尊定長瀬村利七

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海外新聞の関連情報