コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消しゴム ケシゴム

6件 の用語解説(消しゴムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けし‐ゴム【消しゴム】

紙に鉛筆などで書いた字や絵を、こすって消すのに用いるもの。ゴム・プラスチックなどでできている。ゴム消し
[補説]書名別項。→消しゴム

けしゴム【消しゴム】[書名]

《原題、〈フランスLes Gommesロブ=グリエの処女小説。1953年刊。1954年にフェネオン賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

消しゴム【けしゴム】

文房具の一種。鉛筆書きを消すのに使用するゴム。天然ゴム塩化硫黄と植物油を混ぜた白サブスティテュートのほか硫黄,リトポン,沈降性炭酸カルシウム,鉱物油などを混ぜて製造。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けしゴム【消しゴム】

ラバー消しゴムプラスチック消しゴムに大別される。メキシコを起源とするゴムが新大陸発見によりヨーロッパに伝えられ〈カウチュクcaouthouc〉と呼ばれていたころ,羊皮や紙についた木炭や鉛筆の跡を消すのには軟らかいパンが用いられていた。1770年イギリスの化学者J.プリーストリーがカウチュクに字を消すrub‐out性能があることを発見し,ラバーrubberと命名した。当時ゴムはたいへん高価で,硬化し紙を削る欠点があり,1839年出版のビギエConstant Viguierの細密画の画法指針ではこの点を警告している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けしゴム【消しゴム】

鉛筆などで書いたあとをこすって消すもの。ゴム・プラスチックなどで作る。ゴム消し。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消しゴム
けしごむ

字消しのことで、鉛筆などで書いたものを消す用具。かつてはすべてゴムを原料としていたところから「消しゴム」「ゴム消し」などとよばれているが、現在鉛筆用消しゴムでは、塩化ビニル樹脂を原料としてつくられたプラスチック消しゴムが主流となっている。種類は、用途別に(1)鉛筆用(品質により普通品と高級品とがあり、香料を入れた香り付きのものもある)、(2)インキ用(ボールペンインキや印刷インキなどを消すのに用いる)、(3)両用(鉛筆用とインキ用が半分ずつ接合しているタイプ)、(4)タイプライター用があり、そのほか形態では、繰り出し式のものや鉛筆型(木軸と紙巻きタイプ)などがある。
 イギリスの化学者ブリーストリーが1772年にゴムの消字性を提唱して以来、フランスをはじめヨーロッパ全土で使用され始めた。日本では1886年(明治19)に、東京・本所の土谷(つちや)ゴム製造でつくられたのが最初だが、大正初期まではおもに品質のよい外来品に依存していた。昭和初期には品質も向上し、現在では欧米に輸出するまでになっている。なお、プラスチック消しゴムは1952年(昭和27)に特許出願されたが、普及したのは品質の改良が進んだ65年以降のことである。[野沢松男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消しゴムの関連キーワード砂消しゴムクレパス消しゴムクーピー消しゴム四角型ノック消しゴム カッチェスーパーマルチ消しゴム電動消しゴム ボーデハイポリマー消しゴムAin必勝消しゴムマルスプラスチック コンビ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消しゴムの関連情報