コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淀井敏夫 よどいとしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淀井敏夫
よどいとしお

[生]1911.2.15. 兵庫,朝来
[没]2005.2.14. 東京,新宿
彫刻家。洗練された具象作品に特徴がある。 1931年東京美術学校在学中に,『男立像』で帝展に初入選し,1933年卒業。 1936年からは二科展に出品,1951年には二科会会員となる。 1972年第1回平櫛田中 (ひらぐしでんちゅう) 賞,翌 1973年『砂とロバと少年』で二科展内閣総理大臣賞,1977年『ローマの公園』で日本芸術院賞を受賞。 1982年日本芸術院会員となり,1998年二科会理事長に就任。 1994年文化功労者に選ばれ,2001年文化勲章を受章。母校でおよそ 25年にわたって教鞭をとり,1965年に東京芸術大学教授,1973年に同大学美術部長に就任,1978年の退官後は名誉教授となった。 1999年故郷の兵庫県朝来町にあさご芸術の森美術館淀井敏夫記念館が開館。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

淀井敏夫【よどいとしお】

彫刻家。兵庫県生れ。東京美術学校(現,東京芸術大学)彫刻科卒業。1940年に大阪市立工芸学校(現,大阪市立工芸高校)の教諭を辞して上京,1948年に《老人胸像》を二科展に出品し,二科会特別賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淀井敏夫 よどい-としお

1911-2005 昭和-平成時代の彫刻家。
明治44年2月15日生まれ。昭和11年二科展に出品,26年二科会会員。47年平櫛田中(ひらぐし-でんちゅう)賞。52年「ローマの公園」で芸術院賞を受賞し,57年芸術院会員。40年母校東京芸大の教授。平成6年文化功労者。13年文化勲章。人物像のほか海や鳥をモチーフとした具象彫刻を制作。平成17年2月14日死去。93歳。兵庫県出身。作品はほかに「聖マントヒヒ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

淀井敏夫の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone