コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡島寒月 あわしま かんげつ

デジタル大辞泉の解説

あわしま‐かんげつ〔あはしま‐〕【淡島寒月】

[1859~1926]文学者。東京の生まれ。本名、宝受郎。江戸文学を愛好し、西鶴を再発見して、その価値を尾崎紅葉・幸田露伴らに伝えた。著「百美文」「梵雲庵(ぼんうんあん)雑話」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡島寒月 あわしま-かんげつ

1859-1926 明治-大正時代の小説家,俳人,好事家。
安政6年10月23日生まれ。小林椿岳(ちんがく)の子。江戸文学とくに井原西鶴の研究,紹介につとめ,明治の文壇に影響をあたえる。古美術,考古学に造詣がふかく,晩年は玩具(がんぐ)収集に熱中した。大正15年2月23日死去。68歳。江戸出身。本名は宝受郎。別号に愛鶴軒,梵雲庵。小説に「百美人」「馬加物語」,句集に「寒月句集」など。
【格言など】宇治橋や銭吹路の春の風(「寒月句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

淡島寒月の関連キーワード10月23日我楽多文庫梵雲庵雑話木内キヤウ雑話

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android