添う(読み)ソウ

デジタル大辞泉「添う」の解説

そ・う〔そふ〕【添う/副う】

《「沿う」と同語源》
[動ワ五(ハ四)]
そばを離れずにいる。ぴったりつく。「の形に—・うようにいつも一緒にいる」「病人に—・って歩く」
夫婦になる。連れそう。「二人を—・わせてやりたい」
親しく交際する。「人には—・うてみよ、には乗ってみよ」
目的どおりになる。かなうようにする。「御希望には—・いかねます」
すでにあるものの上に、他のものが加わる。付け加わる。「さらにが—・う」
[可能]そえる
[動ハ下二]そえる」の文語形
[類語]付き添う寄り添う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android