添える/副える(読み)ソエル

デジタル大辞泉の解説

そ・える〔そへる〕【添える/副える】

[動ア下一][文]そ・ふ[ハ下二]
主となるもののそばにつける。補助として付け加える。「贈り物に手紙を―・える」「薬味を―・える」「介護の手を―・える」
引き立たせるために付け加える。「興を―・える」「錦上花を―・える」
付き添わせる。付き従わせる。「旅行に案内役を―・える」
なぞらえる。
「たな霧(ぎ)らひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代(しろ)に―・へてだに見む」〈・一六四二〉
加える[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例