コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添える/副える ソエル

デジタル大辞泉の解説

そ・える〔そへる〕【添える/副える】

[動ア下一][文]そ・ふ[ハ下二]
主となるもののそばにつける。補助として付け加える。「贈り物に手紙を―・える」「薬味を―・える」「介護の手を―・える」
引き立たせるために付け加える。「興を―・える」「錦上花を―・える」
付き添わせる。付き従わせる。「旅行に案内役を―・える」
なぞらえる。
「たな霧(ぎ)らひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代(しろ)に―・へてだに見む」〈・一六四二〉
加える[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

添える/副えるの関連キーワードCover Letterサイドディッシュ錦上に花を添える錦上に花を敷くコントルノ御数/御菜付け合わせ座敷浄瑠璃ポコアポコ滑子蕎麦不当景品賑やかし香辛野菜熱盛蕎麦甘酢生姜謹上再拝太刀折紙愛嬌黒子送り仮名あしらい

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android