コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

添田寿一 そえだじゅいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

添田寿一
そえだじゅいち

[生]1864.8.15. 筑前
[没]1929.7.4. 東京
明治・大正の官僚,財政経済学者。 1884年東京大学政治学科・理財学科卒業,同年大蔵省に入省。 84~87年イギリス,ドイツに留学,ケンブリッジ大学で A.マーシャルに師事。帰国後,90年創刊の"Economic Journal"の日本通信員となる。 87年大蔵省主税官,93年貨幣制度調査会に政府委員として参加し金本位制度導入を主張。 96,98年には第1回,第3回農商工高等会議で工場法導入の要を説いた。 98年大蔵次官。 99年台湾銀行頭取,1902年日本興業銀行総裁,15年鉄道院総裁などをつとめ,25年貴族院議員。 23年武藤山治が主唱した実業同志会の運動に参加,鈴木文治を助けて友愛会の創立にも尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

添田寿一 そえだ-じゅいち

1864-1929 明治-昭和時代前期の官僚,銀行家。
元治(げんじ)元年8月15日生まれ。明治17年大蔵省にはいり,銀行制度の確立に尽力。大蔵次官をへて32年台湾銀行初代頭取,35年日本興業銀行初代総裁。その後中外商業新報社長,鉄道院総裁などをつとめる。貴族院議員。昭和4年7月4日死去。66歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

添田寿一

没年:昭和4.7.4(1929)
生年:元治1.8.15(1864.9.15)
明治大正期の大蔵官僚,銀行家。筑前国(福岡県)生まれ。明治17(1884)年東大政治学理財学科を卒業,大蔵省に入る。直後イギリス,ドイツに留学。帰国後,大蔵省参事官として各種銀行法,貨幣法(金本位制)を立案し,その実現に努め31年次官で退官。同年東京帝大の経済学講師を委嘱され,32年に法学博士。同年新設の台湾銀行頭取,次いで35年新設の日本興業銀行頭取となり大正2(1913)年まで在職。その後鉄道院総裁,中外商業新報社長,報知新聞社長,14年貴族院勅選議員となる。経済に関する啓蒙的な著書多数。<参考文献>広渡四郎『添田寿一君小伝』

(守岡隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

添田寿一
そえだじゅいち
(1864―1929)

明治・大正期の大蔵官僚、銀行家。元治(げんじ)1年8月16日筑前(ちくぜん)国(福岡県)に生まれる。1884年(明治17)東京大学政治学理財学科卒業後、大蔵省入りし、3年間自費でイギリス、ドイツに留学。帰国後銀行制度の確立に尽力、大蔵省監督局長、次官を歴任し1898年に退官。翌年台湾銀行頭取となり、ついで日本興業銀行(現みずほ銀行、みずほコーポレート銀行)が新設されると初代総裁として1913年(大正2)まで在職。のち、鉄道院総裁、中外(ちゅうがい)商業新聞社・報知新聞社社長となる。また労働者保護法の必要を説き、友愛会の顧問になるなど幅広い活動をし、多方面にわたる啓蒙(けいもう)的な著作もある。1926年貴族院勅選議員となる。昭和4年7月4日没。[大森とく子]
『広渡四郎著『添田寿一君小伝』(1924・実業同志会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

添田寿一の関連キーワード柳生 一義添田 定一添田定一

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android