清い/浄い(読み)キヨイ

デジタル大辞泉の解説

きよ・い【清い/浄い】

[形][文]きよ・し[ク]
よごれ・にごり・くもりなどがなく美しい。「谷川の―・い流れ」「月が―・く澄み渡る」
心に不純なところがない。清廉潔白である。「―・い関係」「―・き一票」
態度がきっぱりしていさぎよい。思いきりがよい。「―・く別れる」
(「聖い」とも書く)おかしがたい雰囲気である。神聖である。「―・しこの夜」
「神奈備の―・き御田屋(みたや)の垣つ田の」〈・三二二三〉
(連用形を副詞的に用いて)残すところのないさま。
「―・う忘れてやみぬる折ぞ多かる」〈・二七六〉
[派生]きよげ[形動]きよさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android