コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清い/浄い キヨイ

デジタル大辞泉の解説

きよ・い【清い/浄い】

[形][文]きよ・し[ク]
よごれ・にごり・くもりなどがなく美しい。「谷川の―・い流れ」「月が―・く澄み渡る」
心に不純なところがない。清廉潔白である。「―・い関係」「―・き一票」
態度がきっぱりしていさぎよい。思いきりがよい。「―・く別れる」
(「聖い」とも書く)おかしがたい雰囲気である。神聖である。「―・しこの夜」
「神奈備の―・き御田屋(みたや)の垣つ田の」〈・三二二三〉
(連用形を副詞的に用いて)残すところのないさま。
「―・う忘れてやみぬる折ぞ多かる」〈・二七六〉
[派生]きよげ[形動]きよさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

清い/浄いの関連キーワードコウマクノウキン(厚膜嚢菌)ツルギミドロ(剣水泥)イルダ ボッカシーニカワシンジュガイキヨスクの歴史糞も味噌も一緒明けし・清けしタンホイザー山姥(妖怪)忌火(斎火)皓皓・皎皎カワトンボ山上の垂訓清水[町]土(土壌)オヤニラミ一刻千金キヨスク候べく候聖杯伝説

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android