コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫(2代) きよもと えんじゅだゆう

2件 の用語解説(清元延寿太夫(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清元延寿太夫(2代) きよもと-えんじゅだゆう

1802-1855 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享和2年生まれ。初代清元延寿太夫の子。清元節家元。栄寿太夫をへて文政10年2代目を名のり,のち太兵衛(初代)とあらためる。美声で知られ,端唄(はうた)をとりいれるなど工夫をこらし,「名人太兵衛」とよばれた。「お染」「神田祭」などを初演。安政2年9月26日死去。54歳。江戸出身。姓は岡村。通称は藤兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清元延寿太夫(2代)

没年:安政2.9.26(1855.11.5)
生年:享和2(1802)
江戸後期の清元節の家元。初代の子で江戸生まれ。初名巳三治郎。文化13(1816)年松江藩主の松平不昧(治郷)より栄寿太夫の名をもらう。文政10(1827)年2代目延寿太夫を襲名。「お染」「落人」「神田祭」などを初演し,弘化2(1845)年太兵衛と改める。流行歌を作品に取り入れるなど時流にも敏感で,名人の名をほしいままにした。没後の評に,「序破急もなく人情薄しといへども当時の人気に適ひたる自在の美音なれば聞人なべて称嘆」(柳糸亭三楽都の錦』1865)と伝えられる。妻の磯,娘のお葉も清元節の名人。門弟が3代目延寿太夫を継いだが芸才に乏しかった。

(竹内有一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元延寿太夫(2代)の関連キーワード清元延寿太夫(五代目)清元清元延寿太夫お直清元梅吉(初代)清元延寿太夫(初代)清元延寿太夫(4代)清元延寿太夫(5代)清元お悦清元斎兵衛(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone