コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グノー グノーGounod, Charles (-François)

7件 の用語解説(グノーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グノー
グノー
Gounod, Charles (-François)

[生]1818.6.17. パリ
[没]1893.10.18. パリ
フランスの作曲家。パリ音楽院で学び,ローマ大賞を得てローマに留学。宗教音楽に関心をもち,ミサやレクイエムのほか,多くの合唱曲を書いた。パリに戻ってオペラの作曲を始め,『ファウスト』 (1859) や『ロメオとジュリエット』 (67) が成功。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

グノー(Charles François Gounod)

[1818~1893]フランスの作曲家。オペラ・歌曲・宗教音楽にすぐれた作品を残した。作品に、オペラ「ファウスト」、歌曲「アベマリア」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

グノー

フランスの作曲家。パリに生まれ,ピアノ奏者の母に音楽の手ほどきを受ける。パリ音楽院に学び,ローマ大賞を得てローマに3年間留学。同地でパレストリーナ教会音楽やJ.S.バッハらのドイツ音楽に開眼し,帰国後しばらくは教会オルガン奏者を務める一方,聖職者を志して神学を学び,宗教音楽に打ち込んだ。
→関連項目ビゼーフロートーメトロポリタン歌劇場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

グノー

フランスの作曲家。1818年、画家の父とピアニストの母のもとに生まれる。母から初期の音楽教育を受け、36年にパリ音楽院に入学。39年にはローマ大賞受賞、ローマに留学する。3年間のローマ留学とその後のウ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グノー【Charles François Gounod】

1818‐93
フランス・ロマン主義音楽の代表的作曲家。パリ音楽院でアレビーÉ.Halévy(1799‐1862),ル・シュウールJ.F.Le Sueur(1760‐1837)らに学び,カンタータでローマ大賞を得てローマに留学。3年間の留学中パレストリーナとJ.S.バッハに心酔し,帰国後教会の合唱長およびオルガニストに就任するかたわら,神学を学び,宗教曲を作曲し,脱世俗的生活をしばらく送った。留学時代に知り合った歌手のためにオペラ《サフォ(サッフォー)》を書いたのを機に,劇場音楽作曲家として活躍,《ファウスト》(1859)をはじめとする12曲のオペラを発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グノー【Charles François Gounod】

1818~1893) フランスの作曲家。オペラ・宗教音楽などを作曲。また、フランス歌曲の発展に寄与した。オペラ「ファウスト」、歌曲「アベ-マリア」「セレナーデ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グノー
ぐのー
Charles Franois Gounod
(1818―1893)

フランスの作曲家。パリ近郊サン・クルーに生まれ同地に没。ピアニストの母から音楽の手ほどきを受け、少年時代から楽才を発揮、1835年パリ音楽院に入学、レイハ、アレビー、ル・シュールに師事し、作曲などを学んだ。39年ローマ大賞を受賞し、翌年から3年間ローマに留学。この間にメンデルスゾーンの姉ファニー・ヘンゼルと出会い、バッハ、ベートーベンらのドイツ音楽を深く知るようになった。またシスティナ礼拝堂でパレストリーナの音楽を聴き、説教師ラコルデールと出会ったことから宗教に傾倒、一時は聖職者を目ざし、パリ帰着後も50年までは世俗を離れ、宗教音楽の作曲と演奏に専心し「師グノー」と自称した。51年、友人の歌手のためにオペラ『サッフォー』を作曲したのを機にオペラに進出したものの成功せず、一方、バイオリン、ピアノ、オルガンのための『バッハの前奏曲第一番による瞑想(めいそう)曲』(1853。この旋律はのちに歌曲『アベ・マリア』としても有名になる)、『聖チェチーリア荘厳ミサ曲』(1855)が成功、彼の名を一躍高めた。
 その後モリエールの台本を用いたオペラ・コミック『いやいやながら医者にされ』(1858)、オペラ『ファウスト』(1859)が成功、とくに後者は1869年にバレエ付きのグランド・オペラに改作した版によりいっそうの成功をかちえ、彼の代表作と目されるようになった。なおこのオペラは、一部分ではあるが、外国人素人(しろうと)音楽家による日本最初のオペラ上演(明治27年=1894)の曲目であった。短期間ワーグナーの音楽に心酔。その後、ミストラルの原作による『ミレイユ』(1864)、シェークスピアによる『ロメオとジュリエット』(1867)を除いてはオペラでは成功を得られなかった。1866年アカデミー会員に選ばれるが、70年、プロイセン・フランス戦争を避けロンドンに移り活動、晩年はフランスに戻ってふたたび宗教音楽の作曲に向かい、オラトリオ『贖罪(しょくざい)』(1882)などで成功を収めた。
 グノーは、従来主流であったグランド・オペラに対し、外面的効果よりも、魅力的な旋律、ドラマの進展にふさわしい音楽的、視覚的な効果を伴ったオペラ・リリックという領域を開拓、この、グランド・オペラとオペラ・コミックの中間に位置するジャンルの発展のために尽くした。また200曲ほどの歌曲では、サロン風の甘美ないし感傷的なロマンスを踏襲せず、詩の美しさやリズムを生かし、軽妙な表現、優美な旋律をもつものをつくった。そのため彼は、フランス近代歌曲の創始者に位置づけられている。これらの特質は彼の宗教音楽にも共通している。また彼は、ベルリオーズの才能を評価、年下のビゼーやサン・サーンスの楽才を世に知らせるために力を尽くした。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグノーの言及

【ファウスト】より

…ドイツ・ロマン派特有の和声感をみなぎらせた内面的,重厚な音楽。(c)グノーの5幕8場のオペラ《フォースト》。ゲーテの第1部から恋愛場面を抽出してJ.バルビエとM.カレー共作のフランス語台本によって作曲,1859年(改訂版1869)パリのテアトル・リリックで初演。…

【フランス音楽】より

… しかしイタリア文明との出会いは,非キリスト教的古代への関心を誘い,詩人のJ.A.deバイフは勅許を得て1570年に〈文芸音楽アカデミー〉を設立,古代に学んで詩の韻律的な律動を厳密に追っていくシャンソンの作法を唱道し,ル・ジュヌClaude Le Jeune(1528から30‐1600),コートレGuillaume Cotelay(Costeley)(1530ころ‐1606)らが佳品を残した。 ル・ジュヌ,グディメルはユグノーの音楽家でユグノー詩編に作曲した。反宗教改革側もこれと競い,17世紀カトリックの強い神秘主義へと道を通じる。…

※「グノー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

グノーの関連キーワード牛車司法警察諸子百家捜査iPad梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グノーの関連情報