測地網(読み)そくちもう(英語表記)geodetic net

世界大百科事典 第2版の解説

そくちもう【測地網 geodetic net】

広い範囲にわたる地図を作るためには,(1)ある点を経緯度原点とし,天文観測その他のなんらかの方法で経緯度決める,(2)基準とする地球楕円体の大きさやを決め,経緯度原点との幾何学的位置関係を明確にする,という二つの手続きがまず必要である。これが完了すれば,原点の周囲多数三角点を設置し,三角測量三辺測量などによって,それらの点の経緯度,高さをつぎつぎに決めていくことができる。こうして,多数の三角点の位置を統一した座標系によって定めた場合,その全体のシステムを測地網という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android