コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湊川の戦 みなとがわのたたかい

百科事典マイペディアの解説

湊川の戦【みなとがわのたたかい】

1336年,摂津国兵庫(現神戸市)の湊川付近で,九州から東上した足利尊氏足利直義(ただよし)軍と,新田義貞楠木正成軍との合戦。大軍を結集した尊氏軍の勝利に帰し,義貞は京都に敗走,正成は一族・配下とともに自刃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みなとがわのたたかい【湊川の戦】

1336年(延元1∥建武3)摂津兵庫(神戸市)の湊川付近一帯で行われた,足利軍と楠木・新田軍との合戦。同年1月京都を駆逐されて翌月九州に逃れた足利尊氏・直義は,4月大軍を集めて博多を発し,尊氏は海路,直義は陸路を進んで畿内に迫り,四国勢を率いた細川一族も海上で主力と合流した。建武新政府は新田義貞・楠木正成に迎撃を命じ,義貞は和田岬に,正成はその西の湊川に布陣した。5月25日,四国勢は岬の前を迂回して生田に上陸し,尊氏軍の主力は和田岬に上陸して新田軍を攻めたので,新田軍は京都に向かって敗走した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湊川の戦の関連キーワード新田義貞と福井光明天皇細川定禅大森彦七楠木正季中院定平白旗城

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android