コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯屋番

デジタル大辞泉プラスの解説

湯屋番

古典落語の演目のひとつ。初代三遊亭圓遊の改作は「桜風呂」、四代目柳家小さんの改作は「帝国浴場」とする。六代目春風亭柳橋が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、若旦那

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆやばん【湯屋番】

落語。勘当された若旦那が,棟梁(とうりよう)の家に居候するうちに銭湯へ奉公することになり,主人の昼食の間に番台に座っていろいろと空想にふける。入浴に来る客のなかで自分を見初める女がいることにきめて,その女の家に寄ったときに大夕立で落雷し,気絶した女を介抱する場面を空想して夢中になっている。そのうちに,ひとりの客が下駄がないと言って怒ると,隅にある上等の下駄をはいて帰れとすすめる。〈おめえの下駄か〉〈あたしの下駄じゃありません。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯屋番
ゆやばん

落語。勘当された若旦那(わかだんな)が棟梁(とうりょう)の家に居候をしていたが、銭湯へ奉公することになって棟梁の手紙を持って行く。初めから番台をやりたいなどと無理をいうが、主人の昼食の間だけ番台に座ることを許されていろいろな空想にふける。ここへ入浴にくる女のなかでだれが俺(おれ)を見そめるか……一人の女が見そめたと決めてひとりごとをいう。女の家へ遊びに行くと夕立があり、近所へ落雷。目を回した女を介抱して、さまざまな場面を想像する。「雷さまは怖けれど、あたしがためには結びの神」「それなら今のは空癪(そらじゃく)か」「うれしゅうござんす番頭さん」と、芝居がかりでやっているうちに客に殴られる。「俺の下駄(げた)がねえじゃねえか」「順々に他(ほか)のを履かせまして、おしまいは、はだしで帰しましょう」。古くは湯屋の名を三遊派は桜湯、柳派は奴湯(やっこゆ)としていた。この咄(はなし)は江戸後期から多くの噺家(はなしか)によって口演されているが、とくに4代目から継承した5代目柳家小さんが優れていた。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯屋番の関連キーワード柳家 小さん(4代目)小池朋子古典落語

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯屋番の関連情報