コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿式製錬 しっしきせいれん hydrometallurgy

3件 の用語解説(湿式製錬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿式製錬
しっしきせいれん
hydrometallurgy

水溶処理による製錬法。鉱石を酸,アルカリ液で浸出し,溶液に卑金属を加えて目的金属を沈殿析出する置換法 (青化製錬法が代表例) と,電解により電析する電解法 (亜鉛の製錬など) がある (→電解製錬 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湿式製錬【しっしきせいれん】

湿式冶金とも。鉱石中の金属分を適当な溶剤にとかし,その溶液から金属分を採取する製錬法。多くは焙焼(ばいしょう)により溶解しやすい化合物にしてから処理する。乾式製錬で得た粗金属の電解精製電解製錬)は湿式製錬の代表的な技術であり,ほかにシアン化法バクテリアリーチングなどが行われている。
→関連項目製錬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しっしきせいれん【湿式製錬】

鉱石中の金属を酸やアルカリの溶液中に浸出させ、溶液を化学的に処理して目的の金属を取り出す方法。 ↔ 乾式製錬

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の湿式製錬の言及

【製錬】より

…銅,亜鉛,モリブデンなどは原鉱品位は低いが,浮遊選鉱で品位向上が図られる。ウランは直接湿式製錬によって酸浸出し,溶媒抽出法またはイオン交換樹脂法によって精製ののち純酸化物U3O8(イェローケーキ)として回収される。製錬原料として独自の鉱石ではなく,他の金属の製錬廃滓が用いられ,副産物として回収されるものも多い。…

※「湿式製錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湿式製錬の関連キーワード鉱石検波器精鉱比重選鉱品位鉱石ラジオ燐鉱石鉱石落し鉱石法プロトオア滋賀県大津市大石中

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湿式製錬の関連情報