コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湿式製錬 しっしきせいれんhydrometallurgy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湿式製錬
しっしきせいれん
hydrometallurgy

水溶処理による製錬法。鉱石を酸,アルカリ液で浸出し,溶液に卑金属を加えて目的金属を沈殿析出する置換法 (青化製錬法が代表例) と,電解により電析する電解法 (亜鉛の製錬など) がある (→電解製錬 ) 。広義には水を要しない混汞法 (こんこうほう) もこれに属する。鉱石成分が難溶性の場合は焙焼して易溶性の酸化物硫酸塩,塩化物などとして浸出する。このほか,溶液中の金属イオンをイオン交換樹脂で分別採取する方法も研究されている。また全製錬工程のなかの一部分として予備的処理 (バイヤー法による純アルミナの製造やタングステン製錬過程の純酸化タングステン製造など) または最終処理 (転炉で得られた粗銅の湿式電解による精製など) に湿式製錬が用いられる例も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

湿式製錬【しっしきせいれん】

湿式冶金とも。鉱石中の金属分を適当な溶剤にとかし,その溶液から金属分を採取する製錬法。多くは焙焼(ばいしょう)により溶解しやすい化合物にしてから処理する。乾式製錬で得た粗金属の電解精製(電解製錬)は湿式製錬の代表的な技術であり,ほかにシアン化法,バクテリアリーチングなどが行われている。
→関連項目製錬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しっしきせいれん【湿式製錬】

鉱石中の金属を酸やアルカリの溶液中に浸出させ、溶液を化学的に処理して目的の金属を取り出す方法。 ↔ 乾式製錬

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の湿式製錬の言及

【製錬】より

…銅,亜鉛,モリブデンなどは原鉱品位は低いが,浮遊選鉱で品位向上が図られる。ウランは直接湿式製錬によって酸浸出し,溶媒抽出法またはイオン交換樹脂法によって精製ののち純酸化物U3O8(イェローケーキ)として回収される。製錬原料として独自の鉱石ではなく,他の金属の製錬廃滓が用いられ,副産物として回収されるものも多い。…

※「湿式製錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湿式製錬の関連キーワード金(元素)化学冶金鉄製錬青化法鉱滓貴液

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android