コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 てん Dian; Tien

4件 の用語解説(滇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


てん
Dian; Tien

中国,漢代の西南夷の一種。 滇池 (現在の雲南省昆明湖) 付近に住み,まげを結い,田を耕し村落をつくっていた。戦国時代,楚の荘 蹻 (そうきょう) がこの地に国を建てたというのは後世の伝説であろう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てん【滇】

中国代、雲南地方に拠った西南夷の一。前109年、前漢武帝に降伏して益州郡に編入された。
雲南省の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てん【滇】

中国、漢代に今の雲南省にあった国の名。紀元前109年、漢に降り、その統轄下に入った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


てん

漢代(前202~後8)西南夷(せいなんい)の一つで、現在の中国雲南省昆明付近にいた民族。農耕を営み、髷(まげ)を結っていた。王は楚(そ)の将軍荘(そうきゃく)の後裔(こうえい)と称し、漢初から蜀(しょく)の地方と通商を行っていたようである。武帝はインドへの道を開こうとこの地に兵を進め、益州郡を置いた。漢は王に印を送った。最近この地から、貯貝器や銅鼓をはじめとして、の文化を示す遺物が発見されたが、そのなかに「王之印」と刻した金印があり、わが国の国宝金印との比較もなされている。[狩野直

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【雲南[省]】より

…中国西南部にある省。略称は滇(てん),雲。面積39万4000余km2,人口3990万(1995)。…

【西南夷】より

…チベット(蔵),タイ(傣),ミヤオ(苗)などの諸民族に属する。滇(てん),雟(すい),哀郎,冉駹(ぜんもう),邛(きよう),筰(さく)など数多く,それぞれがいくつもの部族に分かれ,習俗,言語を異にした。四川省から西南夷を介してビルマからインドへ,また南越の番禺(広州市)へと交通路が通じていて,文物の交流に重要な役割を果たした。…

※「滇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滇の関連キーワード鄯善滇池夜郎昆明播磨江寧錯刀哀牢西南夷

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone