コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洞貝塚 おおぼらかいづか

5件 の用語解説(大洞貝塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大洞貝塚
おおぼらかいづか

岩手県大船渡市赤崎町にある縄文時代晩期の貝塚。大船渡湾東岸の奥に位置する純鹹貝塚。出土した土器をもとにして晩期の土器は,大洞B 式,大洞B ~ C式,大洞 C1 式,大洞 C2 式,大洞A 式,大洞 A' 式の6型式に細分されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおぼらかいづか【大洞貝塚】

岩手県大船渡市赤崎町大洞,大船渡湾に面した低い台地の鞍部にある縄文時代晩期の貝塚。貝層は南斜面に1ヵ所,北斜面に2ヵ所分布する。古くから数多くの研究者が調査しているが,1926年の東北大学医学部の長谷部言人山内清男による発掘が有名である。この発掘は石器時代人骨の採集が主目的で,屈葬人骨や甕に入れられた嬰児骨などが合計16体発見された。また山内は発掘地点によって土器の特色が違っているのに注目し,これらの土器を標式資料として,東北地方の縄文時代晩期の土器を6型式に細分し,大洞B・BC・C1・C2・A・A′式の順に編年した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおぼらかいづか【大洞貝塚】

岩手県大船渡市にある縄文晩期の貝塚。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

おおほらかいづか【大洞貝塚】


岩手県大船渡(おおふなと)市赤崎町にある縄文時代晩期の貝塚遺跡。大船渡湾東岸の谷にはさまれた丘陵の北斜面と南斜面に散在しており、貝塚の出土品から漁労活動が盛んであった三陸沿岸の縄文人の生活がうかがえる。アサリなど内湾性の貝やマダイ、スズキなどの魚類、さらに外洋性のマグロなど多種類の魚骨、骨角製釣り針や銛(もり)などの精巧にできた漁具がみつかり、土器類、屈葬人骨などが出土した。2001年(平成13)に国史跡に指定された。また、1925年(大正14)に調査した考古学者山内清男(やまのうちすがお)は、土器の模様デザインの違いから、年代の違いをあらわす縄文晩期土器の編年序列を発表した。この大洞式土器は、東北地方を中心に、北海道南部から南は関東・中部・近畿地方にいたるまで出土しる。三陸鉄道南リアス線陸前赤崎駅から徒歩約5分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大洞貝塚
おおぼらかいづか

岩手県大船渡(おおふなと)市赤崎町大洞にある縄文時代晩期の貝塚。大船渡湾岸の丘陵にある諸貝塚の一つで、湾の東岸より少し入った谷に挟まれたなだらかな丘陵にある。貝塚は丘陵の北斜面と南斜面に形成されているが、北斜面西側の崖(がけ)の上の貝塚をA地区、崖下をA′地区、北斜面東側の貝塚をB地区、これから少し離れた南斜面の貝塚をC地区とよんでいる。貝塚は古くから発掘調査が行われているが、1925年(大正14)に長谷部言人(はせべことんど)と山内清男(やまのうちすがお)とによって上記各地区の貝塚の調査が行われた。その出土資料等に基づいて、山内清男は大洞B式、BC式、C1式、C2式、A式、A′式の6型式に細分し、その順序に編年序列を行った。この編年型式が晩期の土器の編年基準として用いられている。土器のほか、石器、骨角器、貝輪なども出土している。貝塚はアサリを主とし、サメ、マグロなどの魚骨や、獣骨ではシカ、イノシシが多い。1966年(昭和41)県指定史跡となっている。[草間俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone