コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝線 たきせん fall line

翻訳|fall line

4件 の用語解説(滝線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝線
たきせん
fall line

山地から平野にいくつかの河川がほぼ平行に流出する際,山地と平野の境界付近にがほぼ一線上に並ぶ場合がある。これらの滝を連ねた線を滝線とか瀑布線という。アメリカの東部にあるアパラチア山脈の東山麓にはその好例がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滝線【たきせん】

フォール・ラインfall line,瀑(布)線とも。山麓などで滝が数多く一線上に並んでいる地形。軟質の海岸平野と硬岩質の山地の接触線などで,浸食速度の相違により形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たきせん【滝線】

瀑布線ばくふせん 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝線
たきせん

同じような方向に流れるいくつかの水系がある場合、一般に山地と平野の境付近に滝が生成される。その滝の位置を結んだ想像の線を滝線fall lineまたは瀑布(ばくふ)線という。このような滝は、硬い岩層が水系に対してほぼ直角に走っているときに、同じ線上に滝が配列する。アメリカ合衆国東部のアパラチア山脈の山麓(さんろく)台地と海岸平野とが接する所に滝が生成され、アパラチア山脈の硬岩と軟らかい海岸平野とが接する所に配列している。このような所には初め動力としての水車が用いられ、のちに水力発電が行われて各種の工業が発達し、多くの都市が滝線に沿って栄えたので、滝線都市といわれる。アメリカのニューヨーク、フィラデルフィア、ボルティモア、ワシントン、リッチモンド、オーガスタなどの各都市がその例である。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滝線の言及

【アメリカ】より

…アパラチア山脈は,(1)準平原化したピードモント(山麓)台地,(2)ブルー・リッジ,グレート・スモーキー山脈,(3)リッジ・アンド・バレー(連嶺と縦谷)地区,(4)アパラチア高原に区分される。ピードモント台地と東のコースタル・プレーン(海岸平野)のあいだには岩石の浸食抵抗の違いにより,滝や早瀬が形成され,その境界線は滝線と呼ばれている。滝線は大西洋に流れこむ河川の遡行の終点でもあり,この滝線に沿って河川交通時代に成立した都市(滝線都市)が並んでいる。…

【滝線都市】より

…ほぼ平行に流れるいくつかの川の多数の滝や早瀬,急流が横に一線上に連続的に分布する地形を滝線または瀑(布)線,フォール・ラインfall line,フォール・ゾーンといい,この線に沿って線状に分布する都市および都市群を滝線都市という。瀑(布)線都市ともいう。…

※「滝線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝線の関連キーワードアイスフォール滝線都市トライフォーポイントニアフォールフォール・リバー伝説パラシュートランディングフォールフォールライン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝線の関連情報