コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏斗胸 ろうときょう funnel chest

7件 の用語解説(漏斗胸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漏斗胸
ろうときょう
funnel chest

胸骨下部および肋軟骨が漏斗状に陥没したもの。胸郭の前後径が短縮し,著しい場合には胸骨が脊椎に密接するほどになる。他の奇形を合併することもある。多くはほとんど障害がないが,変形が強度の場合には心臓や肺の圧迫症状がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろうと‐きょう【漏斗胸】

胸骨下部の剣状突起のあたりが内側へへこんでいる状態の胸。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

漏斗胸【ろうときょう】

胸骨が内側に曲がっているため,胸がへこんでいる変形。原因は横隔膜先天的な形成異常によるとする説と,肋骨や肋軟骨の形成不全によるとする説があるが,不明。多くの場合,形態異常以外の症状はなく,また,筋肉や皮下脂肪層が厚くなるにしたがって目立たなくなることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

ろうときょう【漏斗胸 Funnel Breast】

[どんな病気か]
 胸骨(きょうこつ)(胸の中央にある平らな骨)の中央部が、縦にへこんでいる状態を、漏斗胸といい、男の子に多くみられます。
 肋骨(ろっこつ)と胸骨をつないでいる肋軟骨(ろくなんこつ)という部分が異常に長すぎて、胸骨が押されて、内側にへこんでしまうためにおこります。
[症状]
 軽いものは、少し胸がくぼんでいるだけで、日常生活に支障はありません。
 ひどいときは、へこんだ胸骨が心臓や肺を圧迫し、心臓が横に押しだされたり、肺活量が減ったりすることがあります。
[治療]
 軽度の場合は、治療の必要はありませんが、子どもが外観上、くぼみを気にすることもありますので、心理的なサポートが必要なことがあります。
 中等度の変形は、まず胸郭(きょうかく)全体の発達をうながすような運動をすることを勧めます。
 程度がひどくて、心臓や肺が圧迫されて障害があるときは、両側の肋骨を胸骨から切り離し、くぼんだ胸骨を裏返しにしてかぶせたり、胸骨を持ち上げたりする手術を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

ろうときょう【漏斗胸 funnel chest】

前胸部の中央,胸骨部が陥没する胸郭の変形で,原因や遺伝性,その発生病理などについてはよくわかっていない。一般に変形は軽度のものが多いが,変形が著しく肺活量の減少や心機能に悪影響のある場合には,手術的に矯正することも行われる。【吉川 靖三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろうときょう【漏斗胸】

前胸部の中央、胸骨の部分が大きくへこんで、漏斗のような形をしている胸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漏斗胸
ろうときょう

胸郭の変形の一種で、前胸部の中央部が漏斗状にへこんで変形している状態。それに伴って肋骨(ろっこつ)や肋軟骨も脊髄(せきずい)に向けて後方に落ち込み、円背(えんばい)(猫背)や側彎(そくわん)もしばしばみられる。先天性のものが多く、男児に多くみられ、家族性の発生例も報告されている。まれに成長につれて改善する場合もあるが、多くは変形が目だつようになり、おもに右にかたよるなど左右非対称の胸壁の変形をきたす。
 小児期では無症状に経過するか症状が目だたず気づかれにくいことが多いが、青年期から成人期になるにつれて陥凹(かんおう)した胸骨による心肺の機械的圧迫により、さまざまな症状が出現する。中等度以上の陥凹では、肺活量の低下、呼吸困難、胸痛、易疲労感、喘息(ぜんそく)などを生ずる。陥凹が顕著になると、拘束性換気障害、動悸(どうき)、不整脈などを伴うこともある。また、胸郭の変形からくる劣等感などの心理的障害も伴うようになる。
 なお、軽度の漏斗胸は治療の必要はないとされ、簡易な体操によって軽快することもある。しかし、中等度以上の漏斗胸は手術が必要となることが多い。手術は、従来は胸部を切開して骨を挙上する方法がとられていたが、1987年にアメリカの小児外科医ナスDonald Nussによって考案された金属製のバーを使って胸骨を挙上するナス法(胸腔(きょうくう)鏡下胸骨挙上術)が開発された。保険適応ともなっているため、術後の回復も早い低侵襲な術式として広く用いられている。ナス法では胸部の側方2か所を切開し、胸腔鏡によって内部を観察しながら、ステンレスやチタンなど金属製の彎曲させたバーを胸腔に挿入してへこんだ胸骨を持ち上げて矯正する。バーは2、3年後に抜去する。胸郭の変形からくる心理的障害への対処も必要で、そのため形を修復する形成手術もあわせて検討される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漏斗胸の関連キーワード胸骨頬骨鳩胸侠骨胸骨圧迫下垂体性巨人症肋骨骨折前腕骨骨折距骨骨折踵骨骨折

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漏斗胸の関連情報