コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカシ

デジタル大辞泉の解説

あかし【灯】

《動詞「明かす」の連用形から》
ともし火。明かり。灯火。
「町の―が其処にも此処にも見える」〈花袋田舎教師
神仏に供えるともし火。灯明。みあかし。

とう【灯】

[名]ともしび。あかり。「ガス
[接尾]助数詞。電灯の数を数えるのに用いる。「二街路灯

とう【灯〔燈〕】[漢字項目]

[音]トウ(呉)(漢) チン(唐) [訓] あかし ともしび
学習漢字]4年
ともしび。あかり。「灯火灯台灯明(とうみょう)灯油街灯幻灯紅灯消灯神灯点灯電灯尾灯万灯(まんどう)門灯
仏の教え。「伝灯法灯
[補説]「灯」と「燈」はもとは別字。「チン」は「灯」の唐音、「ドン」は「燈」の唐音。
[難読]行灯(あんどん)提灯(ちょうちん)灯心(とうしみ)鬼灯(ほおずき)

とぼし【灯/点火】

たいまつや紙燭(しそく)の類。ともし。

ともし【灯】

ともしび。とうか。とぼし。
「―は、その炎のまわりに無数の輪をかけながら」〈芥川・偸盗〉
(「照射」とも書く)夏の夜、山中の木陰にたいまつなどをもやし、近寄る鹿を射殺す方法。また、その火。 夏》「百姓の弓矢ふりたる―哉/召波」

ひ【灯】

《「」と同語源》周囲を明るく照らすもの。あかり。ともしび。「窓にがともる」「町の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

森村誠一の長編推理小説。1993年刊行。棟居刑事シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

灯の関連キーワード火灯・瓦灯・火燈・瓦燈燃灯・然灯・燃燈・然燈ビーコンライトフォッグランプ両色灯・両色燈航海灯・航海燈小型変形蛍光灯カクテル光線ネオンサインルームライト絡繰り灯籠貧者の一灯たいまつアーク灯あんどん切子灯籠森村誠一佐伯灯籠回り灯籠琴柱火灯

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯の関連情報