(読み)アカシ

  • ▽灯
  • ▽灯/点=火
  • とう
  • とぼし
  • ともし
  • 漢字項目
  • 灯〔燈〕

デジタル大辞泉の解説

《動詞「明かす」の連用形から》
ともし火。明かり。灯火。
「町の―が其処にも此処にも見える」〈花袋田舎教師
神仏に供えるともし火。灯明。みあかし。
[名]ともしび。あかり。「ガス
[接尾]助数詞。電灯の数を数えるのに用いる。「二街路灯
[音]トウ(呉)(漢) チン(唐) [訓] あかし ともしび
学習漢字]4年
ともしび。あかり。「灯火灯台灯明(とうみょう)灯油街灯幻灯紅灯消灯神灯点灯電灯尾灯万灯(まんどう)門灯
仏の教え。「伝灯法灯
[補説]「灯」と「燈」はもとは別字。「チン」は「灯」の唐音、「ドン」は「燈」の唐音。
[難読]行灯(あんどん)提灯(ちょうちん)灯心(とうしみ)鬼灯(ほおずき)
たいまつや紙燭(しそく)の類。ともし。
ともしび。とうか。とぼし。
「―は、その炎のまわりに無数の輪をかけながら」〈芥川・偸盗〉
(「照射」とも書く)夏の夜、山中の木陰にたいまつなどをもやし、近寄る鹿を射殺す方法。また、その火。 夏》百姓の弓矢ふりたる―哉/召波」
《「」と同語源》周囲を明るく照らすもの。あかり。ともしび。「窓にがともる」「町の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

灯の関連情報