コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災異思想 さいいしそう Zai-yi-si-xiang

2件 の用語解説(災異思想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

災異思想
さいいしそう
Zai-yi-si-xiang

人間の行為の善悪に応じて,自然が災害や異変をもたらすという中国の思想。前漢の学者董仲舒が,自然界の災異を,君主の横暴,専断に対する天の譴告 (けんこく) であるとして,この思想に理論的根拠を与えてから,この思想は漢代を通じて広く流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいいしそう【災異思想】

漢の董仲舒(とうちゆうじよ)によって提起された政治上の主張。自然界には洪水,干ばつ,日食,地震,寒暑の変調など,さまざまの異常現象がおこる。これらのうち,小なるものを災,大なるものを異と定義し,この災と異を利用して,政治の横暴,君主の放埒(ほうらつ)を規制しようとするのである。すなわち,もし君主が天の意志に反する言動をすれば,天はまず災を下して譴責する。君主が依然として失政を改めず,背徳をはたらけば,こんどは異を下して威嚇する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

災異思想の関連キーワード公羊学司馬遷儒教性三品説太学天人相関説董仲舒帷を下す災異五行志

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone