コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災異思想 さいいしそうZai-yi-si-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

災異思想
さいいしそう
Zai-yi-si-xiang

人間の行為の善悪に応じて,自然が害や変をもたらすという中国の思想。前漢の学者董仲舒が,自然界の災異を,君主の横暴,専断に対する天の譴告 (けんこく) であるとして,この思想に理論的根拠を与えてから,この思想は漢代を通じて広く流行した。ただし,後漢になると自然の災異と人事との因果関係が逆になり,自然の異変から人事を予言する讖緯 (しんい) 説に展開していった。 (→天人相関説 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいいしそう【災異思想】

漢の董仲舒(とうちゆうじよ)によって提起された政治上の主張。自然界には洪水,干ばつ,日食,地震,寒暑の変調など,さまざまの異常現象がおこる。これらのうち,小なるものを災,大なるものを異と定義し,この災と異を利用して,政治の横暴,君主の放埒(ほうらつ)を規制しようとするのである。すなわち,もし君主が天の意志に反する言動をすれば,天はまず災を下して譴責する。君主が依然として失政を改めず,背徳をはたらけば,こんどは異を下して威嚇する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

災異思想の関連キーワード陰陽寮

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android