コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点字ブロック てんじブロック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点字ブロック
てんじブロック

視覚障害者の歩行支援を目的に敷設されるブロック,あるいはタイルの総称。正式には視覚障害者誘導用ブロックといい,点字ブロックは安全交通試験研究センターが開発したコンクリート製品の商標だが,今日では総称として広く使われている。視覚障害者が歩道などに敷設されたブロックなどの突起を踏むことによって,前方の危険や進行方向,進路変更などを知ることができる。1967年,三宅精一の考案により岡山県立岡山盲学校近くの横断歩道に初めて敷設された。1970年,大阪府の国鉄阪和線我孫子町駅が鉄道で初めて導入し,駅プラットホーム上での安全対策として認知されると,東京都道路局安全施設課がこれを採用し,その後全国的に敷設が進んだ。普及とともに類似品が増加し,その不統一さが視覚障害者の混乱と危険を招くことから,2001年にブロック上の突起の形状・寸法およびその配列について JIS規格が制定された。点状突起は注意喚起,線状突起は移動方向を表す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

点字ブロック

「視覚障害者誘導用ブロック」が正式名称。地面や床に敷設され、視覚障害者が足裏の感覚で認識できるように表面に点・線状の突起がある。発祥は日本で、1967年に岡山市の交差点周辺で初めて設置された。現在は歩道や公共施設などで設置が進んでおり、海外にも広がっている。

(2014-06-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんじ‐ブロック【点字ブロック】

歩道や公共建築物、駅のプラットホームなどに敷設された視覚障害者誘導用のブロック。介護者なしで歩く視覚障害者の安全を図るためのもので、突起がつけられていて足の裏の触感で位置や方向が分かるようになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじブロック【点字ブロック】

単独で歩く盲人の安全を図るため歩道や駅のプラットホームに敷設されたブロック。停止や方向転換の位置を示す点状ブロック、誘導用の線状ブロックがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点字ブロック
てんじぶろっく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

点字ブロックの関連キーワードescort zone点字ブロックの日バリアフリー方向転換盲人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点字ブロックの関連情報