コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点字ブロック てんじブロック

5件 の用語解説(点字ブロックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

点字ブロック
てんじブロック

視覚障害者の歩行支援を目的に敷設されるブロック,あるいはタイルの総称。正式には視覚障害者誘導用ブロックといい,点字ブロックは安全交通試験研究センターが開発したコンクリート製品の商標だが,今日では総称として広く使われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

点字ブロック

「視覚障害者誘導用ブロック」が正式名称。地面や床に敷設され、視覚障害者が足裏の感覚で認識できるように表面に点・線状の突起がある。発祥は日本で、1967年に岡山市の交差点周辺で初めて設置された。現在は歩道や公共施設などで設置が進んでおり、海外にも広がっている。

(2014-06-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんじ‐ブロック【点字ブロック】

歩道や公共建築物、駅のプラットホームなどに敷設された視覚障害者誘導用のブロック。介護者なしで歩く視覚障害者の安全を図るためのもので、突起がつけられていて足の裏の触感で位置や方向が分かるようになっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんじブロック【点字ブロック】

単独で歩く盲人の安全を図るため歩道や駅のプラットホームに敷設されたブロック。停止や方向転換の位置を示す点状ブロック、誘導用の線状ブロックがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

点字ブロック
てんじぶろっく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点字ブロックの関連キーワード視覚障害中途視覚障害者視覚障害者京都マラソン大会点字ブロックの日なんぶトリムマラソン大会被災した東北3県の聴覚障害者誘導用ブロックフェンスブロックエスビック草竹コンクリート工業

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

点字ブロックの関連情報