コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無手勝流 ムテカツリュウ

2件 の用語解説(無手勝流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むてかつ‐りゅう〔‐リウ〕【無手勝流】

《剣豪の塚原卜伝(つかはらぼくでん)が、渡し船の中で真剣勝負を挑まれた時、州(す)に相手を先に上がらせ、自分はそのまま竿を突いて船を出し、「戦わずして勝つ、これが無手勝流」と、その血気を戒めたという故事から》
卜伝流の異称。
戦わずに勝つこと。力によらず策によって勝つこと。
自分勝手なやり方。自己流

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むてかつりゅう【無手勝流】

〔剣豪塚原卜伝つかはらぼくでんが琵琶湖の矢橋やばせの渡しの船中で乱暴な武士に真剣勝負を挑まれた際、相手をだまして小島に上がらせ、自分はそのまま船を出して「戦わずして勝つのが無手勝流だ」と言って血気の勇を戒めたという故事から〕
卜伝流の異名。
戦わずに相手に勝つこと。武器を用いず相手に勝つこと。また、その方法。
自分勝手にやること。また、そのやり方。自己流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無手勝流の関連キーワード塚原卜伝新当流塚原卜伝流斎藤伝鬼房塚原伊勢松塚原市左衛門塚原大応塚原亮一本間勘解由左衛門

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無手勝流の関連情報