無縁社員(読み)むえんしゃいん

知恵蔵の解説

無縁社員

日本経済新聞社が2012年9月に記事で発表した造語。職場内で机を並べていても、同僚との会話がない社員のこと。フレックスタイムが導入され、出勤時間が人によってまちまちになり、休憩時間や退社時間が異なる傾向にあるのが要因だと、記事では分析している。それにより、昼食を共にする機会や就業後の飲み会が減少。また残業が削減され、就業時間内に仕事を終わらせるために忙しくなり、会話をしている暇がなくなったとの見方もある。
産業能率大学が11年に行った職場内のコミュニケーションの実態調査では、約3割が職場内で孤独を感じるという結果が出ている。だが職場内でコミュニケーションが多いほど、営業成績が上がるという企業の調査結果もある。そういった背景があるからか、社内に会議室とは別に雑談スペースを設けるなど、従業員同士の交流を持つよう努める企業も増えている。
また、似た言葉に「無縁社会」がある。これは家族や地域、会社などにおける人とのきずなが薄れ、孤立する人が増えている社会を指し、2010年の「ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)のトップテンにも選ばれるなど、現代社会のつながりの希薄さは、様々な形で取りざたされている。

(金廻すみ子  ライター / 2012年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android