コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従容録 しょうようろくCong-rong-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従容録
しょうようろく
Cong-rong-lu

中国,金末から元初の曹洞宗万松行秀の著。6巻。晩年,従容庵で天童山の宏智正覚禅師の『頌古百則』に評唱を加えて著わしたもの。正しくは『万松老人評唱天童覚和尚頌古従容庵録』といい,『碧巌録』と並ぶ重要な書である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうようろく【従容録 Cōng róng lù】

中国,元代の禅文献の一つ。3巻。詳しくは《万松老人評唱天童覚和尚従容庵録》といい,宋の宏智正覚の頌古百則を,万松行秀が燕京(北京)の従容庵で講義したもの。円悟が雪竇(せつちよう)の頌古百則を提唱し,垂示,著語,評唱を加えて,《碧巌録》としたのにならう。はじめに,万松老人が門下の湛然居士移剌楚才に与える書と,居士が西域のカラコルムで記す序がある。万松の同種の提唱記録である,《空谷集》《虚堂集》《請益録》と合わせ,四家評唱録とよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうようろく【従容録】

詳しくは、万松老人評唱天童覚和尚頌古従容庵録。六巻。1223年、宋の万松行秀編著。宏智わんし正覚の頌古百則に、示衆・著語・評唱を加えたもの。特に、曹洞宗で重んずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

従容録
しょうようろく

中国、元(げん)代の仏書。6巻。曹洞宗(そうとうしゅう)の万松行秀(ばんしょうぎょうしゅう)が、宏智正覚(わんししょうがく)(1090―1157)の『宏智頌古(わんしじゅこ)百則』を自在に評釈した公案集。『碧巌録(へきがんろく)』とともに禅門の双璧(そうへき)をなすという。万松の弟子で、元朝の重臣耶律楚材(やりつそざい)(1190―1244)が、7年間に9回にわたって懇請した結果成立したもので、1224年(元太祖19)楚材が西域(せいいき)阿里馬(ありま)城にて序を寄せている。中国曹洞宗の思想を考えるうえで重要な書であるが、現存のものでは、1607年(万暦35)に校勘出版されたものを最古とし、以後の刊本はこの書を底本とする。江戸時代の天桂伝尊(てんけいでんそん)(1648―1735)による注釈が多く存在するが、万松行秀の書の評釈よりも、『宏智頌古百則』を中心とした注釈となっている。『従容録』が本格的に講じられるのは明治以後で、多くの講義本が成立している。[永井政之]
『高田道見著『従容録講話』全2冊(1905・仏教館) ▽山田孝道著『従容録講義』全2冊(1917・光融館) ▽秋野孝道著『従容録講話』全2冊(1922・丙午出版社) ▽加藤咄堂著『従容録講話』全6冊(1940・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

従容録の関連キーワード秋野 孝道松雲宗融無門関公案語録

従容録の関連情報