コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無門慧開 むもんえかいWu-men Hui-kai

3件 の用語解説(無門慧開の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無門慧開
むもんえかい
Wu-men Hui-kai

[生]淳煕10(1183)
[没]景定1(1260)
中国,宋の臨済宗僧。仏眼禅師天竜寺の曠和尚に師事し,淳祐6 (1246) 年勅命によって杭州に護国仁王寺を開いた。日本から,のちに普化宗を開いた心地覚心が入宋して教えを受けた。著書『無門関』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むもん‐えかい〔‐ヱカイ〕【無門慧開】

[1183~1260]中国、南宋の臨済宗の僧。杭州良渚(浙江(せっこう)省)の人。月林師観に参じて「無字」の公案によって大悟し、その著「無門関」に第一則として収めた。勅号、仏眼禅師。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無門慧開
むもんえかい
(1183―1260)

中国、南宋(なんそう)末の僧。諡(おくりな)は仏眼(ぶつげん)禅師。『無門関』の編著で知られる。杭州良渚(こうしゅうりょうしょ)(今日の浙江(せっこう)省杭州市西部)の人、姓は梁(りょう)。若いころ、生死の問題に悩み、各地を彷徨(ほうこう)ののち、平江府万寿寺の月林師観(げつりんしかん)(1143―1217)に参じ、趙州無字(じょうしゅうむじ)の公案(こうあん)によって大悟する。月林は臨済(りんざい)宗楊岐(ようぎ)派の祖師で、楊岐3世の法演(ほうえん)が始めた公案禅の名匠である。慧開も江西と浙江の各地に師法を宣揚するが、南宋末期の国家危機に際して、士大夫の参禅が相次ぎ、晩年、理宗の勅によって、国祚(こくそ)の長久を祈る参禅道場・護国仁王寺を創した。日本には、入宋(にっそう)僧の覚心(かくしん)(法燈(はっとう)国師)が師法を伝えた。尺八も、覚心が伝えたといわれる。[柳田聖山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無門慧開の関連キーワード鎌倉幕府後鳥羽天皇上総広常斎藤実盛平知度藤原景高藤原光能俣野景久後鳥羽天皇斎藤実盛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone