コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼戻し やきもどし tempering

5件 の用語解説(焼戻しの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焼戻し
やきもどし
tempering

焼入れされた金属材料を比較的低温に再加熱する作業。効果は3通りに分けられる。 (1) 靭性の付与 鋼を焼入れて生じたマルテンサイトは硬いがややもろいので低温加熱でこれを分解し,トルースタイトソルバイトとして靭性を与える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やき‐もどし【焼(き)戻し】

[名](スル)焼き入れをした金属を、焼き入れ温度より低い温度で再加熱する操作。鋼を粘り強くするために行うが、高速度鋼などでは硬度が増す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

焼戻し【やきもどし】

焼入れによって得られた非平衡な状態を再加熱することによって,必要な性質を得られる平衡状態に戻す熱処理。元来は焼入れした鋼の場合の言い方。焼入れした鋼は,硬さは増すがもろくなる。
→関連項目クロム鋼クロム・モリブデン鋼高張力鋼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やきもどし【焼戻し tempering】

熱処理の一種。もともとは焼入れしたままでは硬すぎてもろい鋼を再び加熱して適当な硬さに戻すことをいったが,現在では一般に,焼入れによって得た非平衡な状態を再加熱によって,必要な性質が得られるように平衡な状態に向かって戻す操作を総称していう。鋼の焼戻しは150~200℃(αマルテンサイトのβマルテンサイトへの変化),または400~650℃(ソルバイト,トルースタイトの生成)で行われ,このときマルテンサイトおよび残留していたオーステナイトフェライト炭化物への分解,ならびに他の化合物の析出が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼戻し
やきもどし
tempering

高温からの急冷(焼入れ)によってマルテンサイト組織となった鉄鋼材料は、きわめて硬いが、しかしもろいので、150~650℃の温度に再加熱して、靭(じん)性を向上させてから使用に供される。この再加熱する熱処理のことを焼戻しといい、使用目的に応じて最適の焼戻し温度が規定されている。焼戻し温度が高いほど靭性がよくなるから、バネなどに使用する鋼はやや高い温度で焼き戻す。ただし、焼戻しによってむしろ脆化(ぜいか)(焼戻し脆性)がおこることがあるから注意を要する。とくに、リンやアンチモンなどの不純物を含んでいる鋼を約500℃で焼き戻すと、これら不純物原子が結晶粒界に偏析して、粒界に沿った破壊がおこりやすくなる。なお、多量の合金元素を含んだ高速度鋼やマルエージ鋼は、焼戻しによって特殊な化合物や炭化物が微細に析出するために、焼き入れたままの状態よりも焼き戻したほうが硬くなる。この現象を二次硬化という。[西沢泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼戻しの関連キーワード熱処理肌焼鋼焼入れ熱処理炉焼入れ炉加工熱処理焼入油焼きなまし(焼鈍し)浜松熱処理工業熱処理 (heat treatment)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone