コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙突の見える場所 えんとつのみえるばしょ

4件 の用語解説(煙突の見える場所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煙突の見える場所
えんとつのみえるばしょ

日本映画。エイト・プロ 1953年作品。監督五所平之助。脚本小国英雄。原作椎名麟三。主演上原謙,田中絹代芥川比呂志高峰秀子。東京北千住おばけ煙突 (見る場所で4本の煙突の数が違って見える) を背景に,そこに住む人たちの善意をユーモラスに描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんとつのみえるばしょ【煙突の見える場所】

五所平之助監督による映画の題名。昭和28年(1953)公開。原作は椎名麟三の小説「無邪気な人々」。出演、上原謙、田中絹代、芥川比呂志ほか。第4回ブルーリボン賞撮影賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

煙突の見える場所

1953年公開の日本映画。監督:五所平之助、原作:椎名麟三、脚色:小国英雄、撮影:三浦光雄、音楽:芥川也寸志。出演:上原謙、田中絹代、芥川比呂志、高峰秀子、関千恵子ほか。第4回ブルーリボン賞撮影賞、第8回毎日映画コンクール音楽賞、男優助演賞(芥川比呂志)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

煙突の見える場所
えんとつのみえるばしょ

日本映画。1953年(昭和28)作品。五所平之助(ごしょへいのすけ)監督。五所は第二次世界大戦前から松竹で小市民映画の監督を続け、戦中も国策映画や戦争映画をつくらなかったので注目された。本作は、1950年代前半、日本映画のリアリズム全盛時代の作品。実存主義作家として知られた椎名麟三(しいなりんぞう)の『無邪気な人々』を小国英雄(おぐにひでお)(1904―1996)が脚色。舞台は、場所によって本数が異なって見える、通称おばけ煙突のある東京の千住(せんじゅ)。中年夫婦(上原謙(うえはらけん)(1909―1991)と田中絹代(たなかきぬよ))のもとに、妻の前夫が赤ん坊を置き去りにした。この夫婦と、そこに下宿する若い男と女(芥川比呂志(あくたがわひろし)と高峰秀子(たかみねひでこ))が困惑し、預けた前夫のもとへ返そうと算段する。第二次世界大戦後になって、人情の通いあいから自己主張のぶつかりあいへと変貌(へんぼう)していく人々の姿がクールに描写され、三浦光男(みうらみつお)(1902―1956)のローキートーン(暗い画調)のカメラ、芥川也寸志(やすし)による音楽の効果とともに、異色のホームドラマとなった。切れ味のよい五所演出も健在で、国内外での評価が高く、第3回ベルリン国際映画祭で平和賞を受賞。海外での現代劇映画受賞の先駆けとなった。[千葉伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煙突の見える場所の関連キーワード愛と死の谷間OUT今ひとたびの女と味噌汁黄色いからす鶏はふたたび鳴く螢火わかれ雲下郎の首紀子の食卓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煙突の見える場所の関連情報