コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芥川也寸志 あくたがわやすし

6件 の用語解説(芥川也寸志の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芥川也寸志
あくたがわやすし

[生]1925.7.12. 東京
[没]1989.1.31. 東京
作曲家。小説家芥川龍之介の三男として生まれる。兄は俳優の芥川比呂志。1945年東京音楽学校作曲科を卒業。在学中に恩師の伊福部昭に出会い大きな影響を受けた。1950年に出世作となった『交響管弦楽のための音楽』を発表,日本放送協会 NHK主催の NHK放送 25周年記念管弦楽懸賞で特選入賞を果たした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あくたがわ‐やすし〔あくたがは‐〕【芥川也寸志】

[1925~1989]作曲家。東京の生まれ。東京音楽学校卒。芥川竜之介の三男、比呂志の弟。橋本国彦らに師事し、多彩な作品を発表。昭和28年(1953)、団伊玖磨黛敏郎と「三人の会」を結成。代表作に「交響三章」「エローラ交響曲」、歌劇「暗い鏡」、映画音楽「砂の器(うつわ)」など。著作に「音楽の旅」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

芥川也寸志【あくたがわやすし】

作曲家。東京都出身。作家芥川龍之介の三男。東京音楽学校(現,東京芸術大学)研究科卒業。1950年に《交響管弦楽のための音楽》でNHK創立25周年記念懸賞の管弦楽作品として特賞入賞,これが出世作となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芥川也寸志 あくたがわ-やすし

1925-1989 昭和時代後期の作曲家。
大正14年7月12日生まれ。芥川竜之介の3男。芥川比呂志の弟。伊福部昭(いふくべ-あきら)らにまなび,昭和28年団伊玖磨(だん-いくま),黛敏郎(まゆずみ-としろう)と「三人の会」を結成。テレビの音楽番組でも活躍した。日本音楽著作権協会理事長,日本作曲家協議会会長。平成元年1月31日死去。63歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。代表作にオペラ「暗い鏡」,著作に「音楽の基礎」「音楽の旅」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

あくたがわやすし【芥川也寸志】

1925~1989) 作曲家。東京生まれ。東京音楽学校卒。竜之介の三男。橋本国彦らに師事。放送・バレエ・映画音楽など作品多数。代表作「交響管弦楽のための音楽」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芥川也寸志
あくたがわやすし
(1925―1989)

作曲家。東京都生まれ。芥川龍之介の三男、兄は俳優の芥川比呂志(ひろし)。1943年(昭和18)東京音楽学校(現、東京芸術大学)本科作曲部に入学。翌1944年学徒動員で陸軍戸山学校軍楽隊に入隊、敗戦とともに復学。橋本国彦、伊福部(いふくべ)昭に師事し、1949年同研究科を卒業。1950年『交響管絃楽のための音楽』がNHK放送25周年記念管弦楽懸賞に特選入賞した。1953年『弦楽のためのトリプティーク』を発表、團伊玖磨(だんいくま)、黛(まゆずみ)敏郎と「三人の会」を結成。1958年『エローラ交響曲』、1960年オペラ『広島のオルフェ』(1967年『暗い鏡』と改題)、1969年『チェロとオーケストラのためのコンチェルト・オスティナート』、1986年『響』などを発表し、戦後の管弦楽、創作オペラの第一線で活躍した。また、指揮者として新しい交響楽団を育成、テレビ司会者としても人気を集めた。1982年以降は「反核・日本の音楽家たち」運動に奔走し、日本作曲家協議会長、日本音楽著作権協会長を務めた。平成1年1月31日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芥川也寸志の言及

【童謡】より

…しかし,子どもの流行歌としての〈レコード童謡〉の量産がその質の低下をもたらし,戦後再び子どもの歌の運動が起きた。〈赤い鳥〉の流れをくむ詩人サトウハチロー(1903‐73)や新進作曲家団伊玖磨(1924‐ ),芥川也寸志(1925‐89),中田喜直(1923‐ )らによるもので,NHKのラジオ番組〈歌のおばさん〉を媒介とし,ここから《めだかの学校》《ぞうさん》など,簡単な旋律でありながら,芸術味のある歌が誕生した。ついで中田喜直,磯部俶(1917‐ )らによる〈ろばの会〉が結成され,彼らは〈レコード童謡〉のイメージから脱皮すべく童謡の名称を用いず,〈こどものうた〉とよんだ。…

※「芥川也寸志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芥川也寸志の関連キーワード入野義朗今川節清瀬保二草川信渡久地政信八村義夫浜口庫之助船村徹松島彜矢代秋雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芥川也寸志の関連情報