苦しむ(読み)クルシム

デジタル大辞泉 「苦しむ」の意味・読み・例文・類語

くるし・む【苦しむ】

[動マ五(四)]
からだに痛みや苦しみを感じる。「病気に―・む」
心につらく思う。思い悩む。「恋に―・む」「貧乏で生活に―・む」
思うような処理方法が見つからず困る。窮する。「理解に―・む」「判断に―・む」
力を尽くして物事を行う。骨折る。苦労する。「―・んだ甲斐かいがある」
[動マ下二]くるしめる」の文語形
[類語]2悩むわずらもだえる思い煩う思い迷う思い乱れる苦悩する懊悩おうのうする煩悶はんもんする憂悶ゆうもんする苦悶くもんする苦慮する頭を痛める頭を悩ます思い詰める/(3てこずる苦労困る弱る参るきゅうするこうずる困り果てる困りきる困りぬく困却する往生おうじょうする難儀する難渋なんじゅうする閉口する困惑する当惑する途方に暮れる手を焼く手に余る持て余す手に負えない手が付けられない手が掛かる世話が焼ける始末に負えない始末が悪い・どうにもならない・如何ともしがたい・度し難い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android