コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮染(め) ニゾメ

2件 の用語解説(煮染(め)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に‐ぞめ【煮染(め)】

草・花・樹皮などを煎じた熱い汁で染色すること。また、染めたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にしめ【煮染】

煮物の一種。サトイモヤツガシラクワイ,たけのこ,ゴボウニンジン,れんこん,シイタケダイコンこんにゃく焼豆腐などを濃いめの味に煮あげるもの。日もちがよく,正月の重詰などにも用いられる。古く《庭訓往来》や《下学集》にその名が見える。煮しめに近い煮物に煮つけがあるが,この両者の相違は《江戸料理集》などによると,煮あげたあと汁気をきって器に盛るのが煮しめで,煮汁とともに盛るものを煮つけと呼んだようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone