コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱ルミネセンス ねつルミネセンス thermoluminescence

翻訳|thermoluminescence

2件 の用語解説(熱ルミネセンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱ルミネセンス
ねつルミネセンス
thermoluminescence

蛍石のようなケイ光体に光または放射線を当てたのち,温度を上げると発光する現象。その色は物質の種類により異なる。温度を上げたまま長時間放置して光を出し尽したものは,冷やしてからもう一度温度を上げても光を出さない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐ルミネセンス【熱ルミネセンス】

ルミネセンスの一種。蛍光体などの物質が、外部から光や放射線などの刺激を受けた後、加熱してはじめて発光する現象。また、その光。放射線の吸収量が発光量に比例する。その性質を利用したものに、放射線を計測する熱ルミネセンス線量計がある。また、年代測定にも用いられ、熱ルミネセンス法呼ばれる。TL(thermoluminescence)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱ルミネセンスの言及

【ルミネセンス】より

…(1)光ルミネセンス 光の励起によって発光するルミネセンスで,フォトルミネセンスとも呼ばれ,蛍光灯や蛍光塗料など多方面に用いられている。(2)熱ルミネセンス 蛍光体に刺激を与えて励起し,その刺激を断ってから温度をあげたときに生ずるルミネセンス。(3)化学ルミネセンス 化学反応に伴って生ずるルミネセンスで,ルミノール液の酸化の際の発光はこの代表的なものとして知られている。…

※「熱ルミネセンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱ルミネセンスの関連キーワード光ルミネセンス摩擦ルミネセンスX線ルミネセンス音化学ルミネセンス音ルミネセンス音響ルミネセンス電界ルミネセンス熱ルミネセンス線量計ラジオフォトルミネセンス光刺激ルミネセンス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone