コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱交換器 ねつこうかんきheat exchanger

翻訳|heat exchanger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱交換器
ねつこうかんき
heat exchanger

温度差のある2流体の間で熱エネルギーの移動・交換を行わせて,高温流体の冷却または低温流体の加熱を行う装置総称。狭義には,2流体間の顕熱の交換を行うものをいい,その多くは向流装置の原理を用いて行われる。用途に応じて,冷却器凝縮器復水器加熱器,予熱器,蒸発器などと呼ぶ。通常の熱交換器は貫流式または隔板式熱交換器と呼ばれる方式のもので,これは固体壁 (一般には金属) の両側に接して2流体を流動させ,壁を通して直接熱量の授受を行わせるものである。これに対し,充填物のようなある種の固体にまず高温液体を直接接触させ,固体の熱容量を高めておいて,次いで低温流体を通し固体から流体にエネルギーを伝えるという操作もあり,その装置を蓄熱式 (または再生式) 熱交換器という。さらに単位体積あたりの熱交換器をふやしたり,隔壁へのスケールの付着を除外するため,互いに混合しない2流体を直接に接触させる直接接触式熱交換器もある。熱交換器は流動方式から,流れの向きが平行で同一な並流型,逆向きの向流型,流れの向きが直交する直交流型などに,また形式の点から,シェルアンドチューブ型,二重管型,渦巻型,プレート型,フィン付き型,はちの巣型などに分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐こうかんき〔‐カウクワンキ〕【熱交換器】

高温の流体がもつ熱エネルギーを低温の流体に伝える装置。直接接触方式、隔板や蓄熱器を用いる方式があり、加熱器・冷却器・蒸発器・凝縮器などに使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱交換器【ねつこうかんき】

温度差のある2流体間で熱の授受を行う装置。一般には金属壁等を介して行うことが多い。用途により加熱器,予熱器,蒸発器(蒸発缶),過熱器,冷却器,凝結器,復水器などという。
→関連項目原子力発電放熱器

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

熱交換器

 高温の流体と低温の流体の間で熱の交換が起こるように設計した装置.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねつこうかんき【熱交換器 heat exchanger】

流体間熱の熱の授受を行う装置の総称。目的に応じ,気体と気体,気体と液体,液体と液体の間で熱交換が行われる。たとえば,家庭用クーラーの室内機には,低温の冷媒と屋内空気との間で熱交換を行わせて屋内空気を冷却する装置が備えてある。一方,室外機には,圧縮機で昇温された冷媒と屋外空気との熱交換を行わせて屋外空気に熱を捨てる装置が備えてある。これらはともに熱交換器といえる。熱交換器は,その使途や伝熱形態により,加熱器,予熱器,蒸発器,過熱器,冷却器,凝縮器などとも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつこうかんき【熱交換器】

熱を交換する装置の総称。機能により、加熱器・冷却器・凝縮器・蒸発器・再熱器などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱交換器
ねつこうかんき
heat exchanger

高温の流体のもつ熱エネルギーを低温の流体に与える装置。加熱器、冷却器、蒸発器、凝縮器などに使用される。流体は気体、液体の両方に使用され、固体と流体からなる特殊な場合もある。形式には、二つの流体の間に隔板のある隔板式、熱を蓄熱器を介して伝える蓄熱式(再生式)、二つの流体が直接接触する直接接触式の3種がある。隔板式は二つの流体が完全に分離しているので、化学工業、食品工業など流体の混合を避ける場合や、燃焼ガスで加熱するボイラーなどに使われる。伝熱面は金属管が一般的で、二重管式、シェルアンドチューブ式などが普及している。金属管の片面または両面にひれをつけることもある。また、波板を重ね合わせて隔板とすることも多い。隔板式は単位面積当りの伝熱量に限界があり、伝熱量に比して大型になる。蓄熱式のもっとも普通の形式は、多孔性の材質か、波状の金属板を重ね合わせた回転蓄熱体を、二つの流体の中を交互に通過させて熱を交換する。装置の規模のわりに伝熱量は大きいが、二つの流体が混合する欠点がある。直接接触式はもっとも効率的に熱交換が行われるが、二つの流体が混合するので、気体と液体のように分離が可能な流体の間でだけ用いられる。[吉田正武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

熱交換器の関連キーワード沸騰水型炉(BWR)と加圧水型炉(PWR)三菱マテリアル四日市工場の爆発事故三菱マテリアル四日市工場爆発事故原発の低レベル放射性廃棄物クロム=モリブデン鋼東京ラヂエーター製造日本パーカライジング東海発電所の廃止措置多孔性セラミックスアルファ・ラバル東洋ラジエータールームクーラー海洋温度差発電蓄熱式熱交換器沸騰水型原子炉エスティシー住友精密工業日阪製作所超耐熱合金スゴイオン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱交換器の関連情報