コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄熱器 ちくねつき heat accumulator

3件 の用語解説(蓄熱器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蓄熱器
ちくねつき
heat accumulator

エネルギーを熱エネルギーの形で一時貯蔵する機器の総称。熱エネルギーから元のエネルギーへ再変換する際の変換効率が低いため,通常は余剰の熱エネルギーを貯蔵するのに使用する。熱エネルギーの発生時間と消費時間の間に季節や時間帯規模のズレがある場合や,付加変動を伴う熱エネルギー機器の運転の平準化を行う場合,さらに,蓄熱式熱交換器や冷凍機における再生器などのように廃熱を利用する場合などに使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちくねつき【蓄熱器 accumulator】

不用の熱を蓄えておいて必要なときに有効に用いるための装置。温度変化を伴う顕熱の形で蓄える場合と相変化を伴う潜熱の形で蓄える場合などがある。(1)蒸気アキュミュレーターsteam accumulator 定常運転中にボイラーの負荷が下がると蒸気があまることになる。この余剰分の蒸気を大きな容器中の水に吹きこんで熱として蓄えておけば,必要なときに蒸気あるいは温水として利用することができる。このような装置を蒸気アキュミュレーター,または単にアキュミュレーターという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちくねつき【蓄熱器】

熱機関の効率を上げるために、加熱器と冷却器の間に置く熱容量の大きな物質を含む装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓄熱器の関連キーワードリフレッシュ甲兵倉廩蓄熱貯蔵不用の用芋釜備える蓄え米廩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone