コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱川温泉 あたがわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱川温泉
あたがわおんせん

静岡県東部,伊豆半島東岸,東伊豆町にある温泉。天城山麓に浅い谷を刻む濁川の河口に位置する。大正期に近くの農民が開発した新興温泉地。泉質食塩泉泉温は 80~100℃で湯量は豊富。海岸沿いの狭い土地に旅館が密集した観光温泉街をなす。温泉熱を利用したバナナワニ園がある。有料道路と伊豆急行の開通で急速に発展。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あたがわ‐おんせん〔あたがはヲンセン〕【熱川温泉】

静岡県賀茂郡東伊豆町の温泉。泉質は塩化物泉。温泉を利用したバナナ園・ワニ園、洋ラン研究所がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたがわおんせん【熱川温泉】

静岡県東部、伊豆半島東岸にある食塩泉。東伊豆温泉郷の中心で、湯量が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕熱川温泉(あたがわおんせん)


静岡県伊豆(いず)半島東岸の賀茂(かも)郡東伊豆町にある行楽向きの温泉。北川(ほっかわ)温泉・稲取(いなとり)温泉などとともに東伊豆温泉郷を形成。伊豆急行伊豆熱川駅近くの熱川バナナワニ園は温泉熱を利用した動植物園。秋にはミカン狩りも盛ん。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。泉温100℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱川温泉
あたがわおんせん

静岡県賀茂郡東伊豆町、東伊豆温泉郷の中央にある代表的温泉の一つ。天城(あまぎ)火山南東斜面に位置する。明治中期から温泉集落がみられたが、1938年(昭和13)国鉄(現JR)伊東線、1961年(昭和36)伊豆急行線開通を機に目覚ましく発展した。平均泉温100℃の湯煙が立ち込め、温泉街は駅前の傾斜地から海岸沿いに形成されている。泉質は塩化物泉など。このほかに熱川バナナワニ園、洋ラン栽培など豊富な温泉を利用した観光施設もある。[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

熱川温泉の関連キーワード静岡県賀茂郡東伊豆町東伊豆(町)片瀬[温泉]片瀬温泉稲取

熱川温泉の関連情報