コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片岡仁左衛門(8代) かたおか にざえもん

2件 の用語解説(片岡仁左衛門(8代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡仁左衛門(8代) かたおか-にざえもん

1810-1863 江戸時代後期の歌舞伎役者。
文化7年生まれ。2代嵐璃寛(りかん)の門にはいり,7代仁左衛門の養子となり片岡我当(初代)を名のる。養父の没後,2代片岡我童と改名,3代中村芝翫(しかん)や初代実川延三郎とともに立役(たちやく)の花形となった。安政4年8代仁左衛門を襲名。色立役を得意とした。文久3年2月16日死去。54歳。初名は市川新之助(6代)。俳名は李童,我童,芦燕。屋号は松島屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

片岡仁左衛門(8代)

没年:文久3.2.16(1863.4.3)
生年:文化7(1810)
江戸後期の歌舞伎役者。7代目仁左衛門の養子。俳名李童,我童など。初名市川新之助。前名三枡岩五郎,嵐橘次郎,片岡我当,2代目我童。上方で子供芝居と大芝居の中間に位置する中芝居で色立役として人気をとる。養父の病没後大芝居で「けいせい浜真砂」の鮒屋源五郎,「伊賀越道中双六」の誉田内記,夕霧狂言の伊左衛門などで大当たりし,安政1(1854)年,45歳ではじめて江戸下り。その年自殺した8代目市川団十郎に似ているとして広く人気が出た。4年,8代目を襲名。色気のある上品な美男で,文化文政期の立役の名優2代目嵐吉三郎の芸風を継承した。片岡仁左衛門の名跡は平成期まで13代を数える。

(松平進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片岡仁左衛門(8代)の関連キーワード市村宇左衛門(5代)市村羽左衛門(11代)片岡我当(5代)片岡仁左衛門(2代)片岡仁左衛門(5代)片岡仁左衛門(12代)竹島幸左衛門(2代)田中伝左衛門(4代)藤川繁右衛門松本名左衛門(2代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone