片意地(読み)カタイジ

デジタル大辞泉の解説

かた‐いじ〔‐イヂ〕【片意地】

[名・形動]自分の考えを執拗(しつよう)に押し通すこと。また、そのさま。「片意地を張る」「片意地ところがある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたいじ【片意地】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
頑固に自分の考えを押し通す・こと(さま)。 「 -な男」 「 -を張る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐いじ ‥イヂ【片意地】

〘名〙
① (形動) 頑固(がんこ)に意地を通すこと。また、そのさま。強情。執拗(しつよう)。〔文明本節用集(室町中)〕
※虎明本狂言・遣子(室町末‐近世初)「それほどおしゃらばかけにいたさう。かたいじに物をおしやる」
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉五「其れ其れまた其様(そん)な眼をする。頑固者(カタイヂ)めが!」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android