コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牛島満 うしじまみつる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牛島満
うしじまみつる

[生]1887.7.31. 鹿児島
[没]1945.6.23. 沖縄
陸軍軍人。 1908年陸軍士官学校,16年陸軍大学校卒業。第 11師団長,陸軍士官学校校長などを歴任後,44年沖縄守備 (第 32軍) 司令官に就任。沖縄戦 (→沖縄の戦い ) 終結とともに自決死後大将

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牛島満 うしじま-みつる

1887-1945 大正-昭和時代前期の軍人。
明治20年7月31日生まれ。昭和12年歩兵第三十六旅団長として南京攻略に参加。14年陸軍中将。19年第三十二軍司令官となり沖縄に赴任,アメリカ軍に沖縄本島最南端においつめられ,昭和20年6月23日自決。59歳。大将に進級。鹿児島県出身。陸軍大学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うしじまみつる【牛島満】

1887‐1945(明治20‐昭和20)
昭和期の陸軍軍人陸軍士官学校(20期),陸軍大学校卒業。シベリア派遣軍野戦交通部参謀,歩兵学校教官,戸山学校教育部長などを経て,1933年(昭和8)3月には荒木貞夫陸相の下で陸軍省副官となる。37年3月には歩兵第36旅団長に就任,日中戦争が開始されると同旅団を率いて華北華中の激戦地を転戦した。その後,予科士官学校長,第11師団長,陸軍士官学校長などを歴任して44年8月には沖縄の防衛にあたる第32軍司令官に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の牛島満の言及

【沖縄戦】より

…3月26日に慶良間に,4月1日には沖縄本島中部嘉手納海岸に上陸した。一方,沖縄守備第32軍(司令官牛島満中将)は,第24師団(山部隊),第62師団(石部隊),独立混成第44旅団(球部隊主力)の陸軍8万6400人,海軍約1万人,それに現地徴集の防衛隊員,学徒隊員約2万人の計約12万人で構成されていた。第32軍は敵戦力のおよそ4分の1で,軍事的にみて圧倒的に劣勢であった。…

※「牛島満」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牛島満の関連キーワード沖縄戦跡国定公園沖縄戦大正長勇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牛島満の関連情報