コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野信成(2) まきの のぶしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野信成(2) まきの-のぶしげ

1578-1650 織豊-江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)6年生まれ。牧野康成(やすしげ)の3男。慶長4年武蔵(むさし)石戸城(埼玉県)城主となり,関ケ原の戦い,大坂の陣で功をたてる。寛永10年石戸藩主となる。1万1000石。21年転封(てんぽう)されて下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主牧野家初代。1万7000石。大番頭(おおばんがしら)などをつとめた。慶安3年4月11日死去。73歳。通称は九右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧野信成(2)の関連キーワード丸山城ハサン・イ・ルームルーアビス朝安土桃山時代(年表)ホイヘンスオルファネルメーニャ尼子勝久高橋鑑種御館の乱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android