物上保証人(読み)ぶつじょうほしょうにん(英語表記)Drittverpfänder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物上保証人
ぶつじょうほしょうにん
Drittverpfänder

他人の債務を担保するために,自己所有の財産に質権または抵当権を設定した者。普通の保証人とは異なり,債務者の債務を弁済する義務はなく,単にその提供した財産の範囲で物的有限責任を負うにとどまる。一方,物上保証人のほうからは質権,抵当権の実現を防ぐため債務の第三者弁済も可能であり,または質権,担保権の実行によって債務者の債務を消滅させることができる。この場合,物上保証人と債務者の関係は,普通の保証人が主たる債務者の債務を弁済したときとほとんど同様の関係とみなされ,物上保証人は,債務者に対して保証債務の弁済に準じた一定範囲の求償権が認められている (民法 351) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶつじょう‐ほしょうにん〔ブツジヤウ‐〕【物上保証人】

自己の所有する財産を他人の債務の担保に提供した者。保証人と異なって債務を直接に負わないが、求償権は保証人と同様に認められる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶつじょうほしょうにん【物上保証人】

他人の債務のために自分の財産の上に抵当権や質権を設定した者を〈物上保証人〉という。たとえば,Aから100万円借りたBの債務の弁済を担保するために,Cが自分の所有する不動産を抵当に供する場合などである。この場合Aは,Bが債務を弁済しないときは抵当権を実行してCの不動産から債権を回収することができる。物上保証人は,保証人と異なり自分で債務を負担するわけではないから,Cの不動産がたとえ80万円にしかならなくても,Cはそれ以上の責任を負うわけではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物上保証人
ぶつじょうほしょうにん

自己所有の財産を他人の債務の担保に提供する人。たとえば、乙の甲に対する債務を担保するために、丙が自分の土地に甲のために抵当権を設定する場合の丙を物上保証人という。保証人ということばが用いられるが、一般の保証人が債権者に対して債務を負うのに対して、物上保証人は債務を負うことはなく、債務者が債務を弁済しない場合に、担保の目的となった財産に対して担保権が実行されるのを認める責任を負うだけである。しかし、担保権を実行された物上保証人、あるいは実行されるのを免れるために自ら弁済した物上保証人は、実質的に保証人と同じ立場にたつので、保証人と同様に債務者に対する求償権が与えられるが、事前の求償権(民法460条)は認められない。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の物上保証人の言及

【債務引受け】より

…しかし,債務者・債務引受人間の契約で債務引受けがなされたときは,債権者の同意または承諾がなければ,債務引受けは効力を生じない。また,他人の債務を担保するため物上(ぶつじよう)保証人や保証人が存在する場合には,これらの者の承諾がなければ,引き受けられた債務は担保されないこととなる。なお,債権者と債務引受人間の約定で債務引受けをなしうるかは,問題であるが,利益といえども本人の意思に反して押しつけることは妥当でないから,債務者の同意を要すると,解すべきである。…

※「物上保証人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android