コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者教育(読み)しょうがいしゃきょういく(英語表記)special education

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

障害者教育
しょうがいしゃきょういく
special education

心身に障害をもつ児童生徒および成人を対象とする教育。視覚障害教育,聴覚障害教育,知的障害教育,肢体不自由教育,病弱教育などを総称する。欧米では 19世紀に入って保護的教育施設が設置され始め,19世紀末には義務教育制の導入もはかられるようになった。第2次世界大戦後は,国際連合の世界人権宣言および障害者の権利宣言で障害児の諸権利の保障が承認・奨励されたことで,各国の制度や行政措置に前進がみられた。 1982年 12月の国連総会は「障害者に関する世界行動計画」を採択し,障害者に対する教育的サービス開発の基準を示している。日本では明治5 (1872) 年の学制に「廃人学校」の規定が設けられ,1890年には「盲唖学校」に関する規定も加えられた。その後,特別学級の設置が進められ,第2次世界大戦後,盲学校聾学校養護学校,普通学校特殊学級の義務制を経て,1979年の養護学校教育義務制実施にいたった。学校教育法では 2006年の法改正により,従来の「特殊教育」に代わり,「特別支援教育」の語を用いるようになった。これに伴い 2007年,盲学校,聾学校,養護学校を一本化して特別支援学校が設置され,特殊学級は特別支援学級に再編された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがいしゃきょういく【障害者教育】

心身に障害をもつ人びとにたいする教育の総称。児童・生徒に関しては,日本の場合学校教育法に規定されており,この教育を特殊教育special educationと呼んでいる(第6章)。以下,障害をもつ子どもにたいする教育を中心に述べる。
障害児教育
 子どもの障害の種類や程度に応じて生じる特別な教育的ニーズspecial educational needsにこたえ,かつ各人の諸能力と人格のじゅうぶんな発達を促すことを目的とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうがいしゃきょういく【障害者教育】

障害者に対する教育。障害者基本法に基づき、国および地方公共団体は、障害者の年齢や障害の種別・程度などに応じて十分な教育のための施策を講じる義務を負っている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

障害者教育の関連情報