コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特牛 コッテイ

デジタル大辞泉の解説

こってい〔こつてひ〕【特牛】

《「ことい」が「こっとい」を経て変化したもの》「こというし」に同じ。
「ずいきの長(たけ)の余る―/孤屋」〈炭俵

こってい‐うし〔こつてひ‐〕【特牛】

こというし」に同じ。
「―の二匹連(づれ)」〈・振袖始〉

こっとい〔こつとひ〕【特牛】

《「ことい」の音変化》「こというし」に同じ。〈日葡

ことい〔ことひ〕【特牛】

こというし」に同じ。
「淡路の門(と)渡る―こそ、角を並べて渡るなれ」〈梁塵秘抄・二〉

ことい‐うし〔ことひ‐〕【特牛】

《古くは「こというじ」とも》頭が大きく、強健で、重荷を負うことのできる牡牛。ことい。こってい。こといのうし。
「しぶしぶに馬鍬(まぐわ)引く小田の―打たれぬ先に歩めと思へど」〈草径集〉

ことい‐の‐うし〔ことひ‐〕【特牛】

こというし」に同じ。
「―を二疋(ひき)までただ一月に見殺(たを)し」〈浮・沖津白波〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こってい【特牛】

〔「ことい」の転〕
こというし(特牛)」に同じ。 「ずいきの長たけの余る-(孤屋)/炭俵」

こっていうし【特牛】

「こというし(特牛)」の転。

こってうし【特牛】

「こというし(特牛)」の転。

こっとい【特牛】

〔「ことい」の転〕
こというし(特牛)」に同じ。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特牛の関連情報