コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森恪 もりつとむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森恪
もりつとむ

[生]1882.12.28./1883.2.28. 大阪
[没]1932.12.11. 神奈川,鎌倉
明治・大正・昭和期の政治家。自由民権家(→自由民権運動)の弁護士,作太郎の子。1901年に商工中学校を卒業後,三井物産の中国留学生として上海に渡り,経済調査に従事した。辛亥革命のなかで孫文ら革命派を支援して親交を結び,経済上の諸利権を獲得。また 1913年,三井資本を中心とする合作投資会社中国興業(1914中日実業と改称)を創立し,日本の権益拡張に尽力した。1920年三井物産を退社し,衆議院議員に当選。立憲政友会に党籍を置き,大陸進出論者として頭角を現した。1927年田中義一内閣の外務政務次官,1929年政友会幹事長,1931年犬養毅内閣書記官長(→内閣書記官)などを歴任し,日本の対中国強硬政策の実質的推進者となった。晩年は軍部新官僚と接近し,ファッショ的な革新体制樹立計画を進めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もり‐かく【森恪】

[1882~1932]政治家実業家。大阪の生まれ。名は、正しくは「つとむ」。三井物産に入り、対中国投資・利権獲得に活躍。のち、政界に入り、田中義一内閣の外務政務次官として東方会議主宰政友会幹事長・犬養内閣書記官長を歴任。軍部と結んで積極的な侵略政策を推進した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

森恪【もりつとむ】

もりかく〉とも読む。実業家,政治家。大阪の生れ。自由民権家森作太郎の子。商工学校卒後,三井物産の清国留学生として上海支店に勤務。1920年三井物産を退社し,政友会代議士となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森恪 もり-つとむ

もり-かく

森恪 もり-かく

1882-1932 大正-昭和時代前期の政治家。
明治15年12月28日生まれ。東京の商工中学を卒業。三井物産にはいり,中国で対華投資に活躍。大正9年衆議院議員(当選5回,政友会)。昭和2年田中義一内閣の外務政務次官となり,軍部とむすび内閣を主導して満蒙(まんもう)権益確保策を推進した。6年犬養(いぬかい)内閣の書記官長。昭和7年12月11日死去。51歳。大阪出身。本名は恪(つとむ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もりつとむ【森恪】

1882‐1932(明治15‐昭和7)
実業家,政治家。〈もりかく〉ともいう。戸籍上は1883年生れ。大阪府出身。商工中学卒業後,三井物産の清国留学生として上海支店に勤務,支店長山本条太郎の知遇をうけた。益田孝のめいと結婚,辛亥革命では革命派の援助による利権獲得につとめ,1914年天津支店長になった。この間1913年中国興業公司(コンス)(のち中日実業公司)の設立に加わったほか,独自に鉱山などの事業にあたり,〈東洋のセシル・ローズたらん〉との抱負をもって手腕をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もりかく【森恪】

1882~1932) 実業家・政治家。大阪の生まれ。名は「つとむ」とも。対中国投資・利権獲得に奔走。のち田中義一内閣の外務政務次官を務めて東方会議を事実上主宰。政友会幹事長、犬養内閣書記官長を歴任。対満蒙積極政策を推進した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森恪
もりかく
(1882―1932)

政治家、実業家。名は正しくは「つとむ」とよむ。大阪に生まれる。東京商工中学校卒業。早くから大陸雄飛を志し、三井物産支那(しな)修業生を経て1905年(明治38)同社上海(シャンハイ)支店員。支店長山本条太郎(じょうたろう)に重用され、孫文(そんぶん)との提携工作や中国興業(のち中日実業)の設立に活躍、同社取締役となり、利権獲得に手腕をみせる。益田孝(たかし)の姪(めい)と結婚。1914年(大正3)三井物産天津(てんしん)支店長。1920年退社して政友会から衆議院議員に当選した。党内でも急速に頭角を現し、1927年(昭和2)田中義一(ぎいち)内閣の外務政務次官(外相は田中の兼任)となり、東方会議を主宰するなど事実上外相の役を務めた。のち政友会幹事長。軍部と結んで積極的な侵略政策を推進、民政党の幣原(しではら)外交を攻撃した。満州事変後の1932年犬養毅(いぬかいつよし)内閣の書記官長に就任。同年末に急死した。政党人でありながら進んで軍部と結び、政党の自主性を失わせ、その没落とファシズムの台頭に大きな役割を果たした。[岡部牧夫]
『山浦貫一著『森恪』(1982・原書房・明治百年史叢書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の森恪の言及

【森恪】より

…実業家,政治家。〈もりかく〉ともいう。戸籍上は1883年生れ。大阪府出身。商工中学卒業後,三井物産の清国留学生として上海支店に勤務,支店長山本条太郎の知遇をうけた。益田孝のめいと結婚,辛亥革命では革命派の援助による利権獲得につとめ,1914年天津支店長になった。この間1913年中国興業公司(コンス)(のち中日実業公司)の設立に加わったほか,独自に鉱山などの事業にあたり,〈東洋のセシル・ローズたらん〉との抱負をもって手腕をふるった。…

※「森恪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森恪の関連キーワード三井物産[株]鈴木喜三郎山浦 貫一満州事変朴烈事件田中外交近衛文麿山浦貫一亀川哲也鈴木貞一大連会議奔走

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android